水墨画の巨匠にもうひとつの顔!?雪舟に守護大名大内氏のスパイ説

拡大画像を見る

 享徳の乱や応仁の乱が戦国時代の幕開けを告げる中、当時の芸術家は乱世をよそに幽玄、かつ閑寂な文化を独自に開花させた。

 中でも雪舟は当時、それまで中国画の模倣に過ぎなかった水墨画を発展させ、『天橋立図』をはじめとする数多くの国宝を残し、風景を題材とした水墨山水画の大成者として有名。中国や日本各地を旅したことから漂泊の画家と呼ばれ、紀行文である『奥の細道』を書いた“俳聖”と姿がだぶる。

 実際、その作者である松尾芭蕉も“漂泊の俳人”と呼ばれ、陸奥と北陸行脚の旅については、特に仙台伊達家の内情を探るための隠密行だったという説がある一方、雪舟にも“スパイ疑惑”が根強く囁かれる。はたして彼は単なる絵師だったのか――。

 雪舟の前半生は非常に謎が多い。伝承では応永二七年(1420)、備中国赤浜(岡山県総社市)に生まれ、子どもの頃に臨済宗の宝福寺に預けられたあと、東福寺や相国寺に移り、三〇代半ばまで京都で暮らし、この頃に水墨画の基礎を学んだとされる。

 ちなみに当時の名は拙宗で、これは国宝の『瓢鮎図 』を書いた水墨画家の如拙に由来。実際に指導を受けたことはなかったものの、尊敬する先輩にあやかりたい思いがあったのだろう。

 そんな彼は相国寺で修行していた当時、知客という接待係に就き、役目柄、顔が広かったのか、詳細は定かでないものの、西国の守護大名だった大内氏の城下である山口に移ることを勧められ、これが大きな転機となった。

 というのも、大内氏は当時、明などと交易して財政が潤っていたことから京の文化を積極的に吸収。

 雪舟はこうした中、寛正六年(1465)に拙宗から名を改めて自身の工房を持ち、山口における画壇の中心人物になると、二年後の応仁元年(1467)に大内氏の遣明船に乗り、画師として明に渡航する機会に恵まれた。

 雪舟は当時、遣明船が中国大陸の窓口である寧波に着岸し、貿易品の荷揚げや政府の許可を待つ間、地元の天童寺に通い、住職に次ぐ「四明天童第一座」の称号を獲得。文明先進国だった中国の名誉称号が日本でブランド力を発揮していた時代だったことから雪舟は帰国後、作品の落款に好んでこれを使ったという。

 また、雪舟はこの間、随行画家の役目もそつなくこなし、明を回って風景や風俗などをスケッチ。当時の体験が後の水墨山水画のリアリティーに繋つ ながった一方で、帰国後に前述のようにスパイの顔を覗かせる。

 遣明船が日本に戻った文明元年(1469)は応仁の乱の真っ最中軍方である大友氏の本拠で、雪舟にとっては敵地。彼はここで、いったい何をしていたのか。

■漂泊の画家の名の通り終焉の地も諸説がある

 大内氏は当時、少弐勢と豊前国で対峙し、その後、本格的に交戦。

 一方、大友氏とは和睦に対する気運が高まりつつあり、雪舟の足取りはその時期と重なり、彼はその頃、府内に「天開図と画楼」という住居兼アトリエを持っていた。

 ここは中世絵画史が専門の島尾新氏によると、いわば大内氏の出張所の役目を果たし、雪舟が豊後府内の情報を収集するとともに、大友氏への取り次ぎ役だった可能性があるという。

 だとすれば、雪舟は大内氏の意向を受け、極めて政治的な役割を担っていたことになる。

 ただ、当時は実際、禅僧や芸術家が大名の依頼で外交を担ったケースも少なくなかった。

 島尾氏は実際、雪舟が文明一三年(1481)、六二歳で美濃に旅に出たときも大内氏のスパイ的な役割を担った可能性があると指摘。

 雪舟は芭蕉が四六歳で奥州に向けて旅立った一方、はるかに高齢だった。

 だが、雪舟もこのとき、奥州まで足を伸ばしたとされ、その根拠が彼自身が描いた『山寺図』。山寺といえば、芭蕉が有名な「閑しずかさや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んだ立石寺(山形市)を思わせる。

 事実、雪舟も同じく立石寺まで行き、『山寺図』を書いたというのが一時、定説だった。

 ところが、その原本は失われ、現存するのは江戸時代の画家だった狩野常信の模写で、山寺も通称に過ぎず、かつ、実際の立石寺の景色が彼の絵に似ていなかったため、その場所を巡り、備中国説や石見国説などが入り乱れた結果、美濃国の楊岐庵(岐阜県山県市)周辺の景観という説で概ね落ち着いた。

 楊岐庵は美濃の守護代だった斎藤一族の春岳寿崇の庵だとされ、彼の兄である斎藤妙純は前年の文明一二年(1480)、内紛に勝利したばかり。

 その妙純は内紛の渦中、美濃にいた足利義材 (のちの室町幕府将軍)とともに戦い、大内義興はその後、一度は将軍を廃された義材( 義稙と改名)を奉じて上洛し、将軍に復位させる。

 つまり、大内氏にとって美濃は非常に関係が深い国。このときも雪舟が大内氏の密命を帯び、情報収集の狙いで美濃入りした可能性は捨て切れない。

 そんな雪舟は永正三年(1506)、八七歳でこの世を去ったというのが定説だが、むろん、定かではない。

 漂泊の画家らしく、終焉の地も山口の他、益田(島根県)や芳井 (岡山県)など複数の説がある。

●跡部蛮(あとべ・ばん)1960年、大阪府生まれ。歴史作家、歴史研究家。佛教大学大学院博士後期課程修了。戦国時代を中心に日本史の幅広い時代をテーマに著述活動、講演活動を行う。主な著作に『信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた』『信長、秀吉、家康「捏造された歴史」』『明智光秀は二人いた!』(いずれも双葉社)などがある。

関連リンク

  • 5/29 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます