「こんなダメ出しなら、聞く耳を持たないこともないけど…」と渋々でも彼女に受け入れてもらえる切り出し方9パターン

彼女に対して、「そこは直したほうがいいのでは?」と思うことがあっても、「逆ギレされたら面倒だし…」と注意するのをためらった経験はありませんか? しかし見て見ぬフリを続けていると、不満が溜まるだけでなく、彼女のためにもならないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性220名に聞いたアンケートを参考に「『こんなダメ出しなら、聞く耳を持たないこともないけど…』と渋々でも彼女に受け入れてもらえる切り出し方」をご紹介します。

【1】彼女の機嫌がいいときに、さりげなく持ちかける
「疲れてるときにお説教モードで来られると、カチンとくる」(20代女性)というように、いつ言われるかによって、心証はかなり違うようです。気づいたときにすぐ言いたくなりそうですが、折を見て指摘したほうが、結果的にうまくいくでしょう。

【2】穏やかな声や、ゆったりとした口調を心がける
「私のために言ってくれてるって、よくわかる」(10代女性)というように、思いやりに満ちた声色だと、落ち着いて聞いてもらえそうです。男性の大きな声は威圧感を与えることもあるので、とっさに注意するときも、ひと呼吸置くといいでしょう。

【3】ユーモアを交えて、逆ギレされにくい雰囲気を作る
「こっちも『ごめーん』と軽い調子で返せるからいい」(10代女性)というように、冗談混じりにつっこむのもいいでしょう。ただし、笑いに紛れてすぐに忘れられる心配もあるので、絶対に直してほしい事柄には向かないかもしれません。

【4】自分の欠点を引き合いに出して、「上から目線」を回避する
「『お互いに気をつけよう』と言われて、素直に聞き入れることができた」(10代女性)というように、なるべく下手に出たほうが、すんなり忠告を受け止めてもらえそうです。「俺も前に同じこと言われて…」などと過去のエピソードを話すのもいいでしょう。

【5】理解してもらいやすいよう、論理的に話を進める
「ムッとしたけど、なぜやめるべきかを説明されて、その通りだと思えた」(20代女性)というように、時間をかけて丁寧に伝えるのも効果的かもしれません。彼女が心から納得してくれたら、それ以降はみずから進んで改めてくれるでしょう。

【6】やめろと諭す代わりに、別の方法や考え方を提案する
「『こうしたほうが周りも気分いいかも』と言われてハッとした」(20代女性)というように、よりよい対処法を教えることで、相手のやり方を封印する手もあります。もし彼女が負けず嫌いなら、「俺流」より第三者の方法を挙げたほうが反発されにくいかもしれません。

【7】あえて、女性に反論の余地を残してあげる
「正しいことばかり言われると、一方的に叱られている気になる」(10代女性)というように、彼女の性格によっては、言い分を聞いてあげる余裕も必要でしょう。正論をまくし立てると、相手を追い詰めてしまうおそれもあるので気をつけたほうがよさそうです。

【8】口論に発展しそうになったら、一旦おしまいにする
「『なんでそんなこと言うの!』とカッとなってしまったけど、彼氏が謝ってくれたお陰で冷静になれた」(20代女性)というように、指摘しながら、相手の反応を観察する必要もありそうです。特に、デリケートな問題の場合は、彼女を傷つけないように慎重に進めましょう。

【9】彼女の考えに理解を示しながら、自分の意見を述べる
「私の意図をわかった上で、一案として言ってくれると嬉しい」(20代女性)というように、彼女なりに考えてやっているようなら、頭ごなしに否定するのはよくないでしょう。相手を尊重しながら話せば、「君のため」だとわかってもらえそうです。

思いやりや気遣いを前面に出した言い方だと、女性の態度を軟化させることができそうです。少しの工夫でグッと伝わりやすくなるようなので、彼女の性格や反応を考慮しながら、臆さずに試してみましょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで 対象:合計220名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/29 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます