フル出場の鎌田、後半の新システムに前向き「僕たちがチャレンジしてみたいこと」

拡大画像を見る

 29日、日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)がオンライン会見に出席した。

 28日に行われたW杯アジア2次予選ミャンマー戦で、日本は10-0で大勝し最終予選進出を決めた。同試合にフル出場し自身もゴールとアシストを記録した鎌田は「引いてくる相手で、うまくワンタッチなどを使わないと崩せないと思っていました。みんなが良い感覚、良いアイデアでプレーできていたと思います」と試合を振り返った。

 点差がついた後半、日本はシステム変更を行った。ピッチにいた鎌田は「4-1-4-1は練習でしていなかったので、フォーメーションを変えたときは選手で話さないといけませんでした。ただ、時間が経過する中で良くなっていったと思います」と率直な感想を口に。また「相手に合わせるというより、僕たちがチャレンジしてみたいことでもあります。試合内容も余裕があったので、いろいろなことを試してみたいと思います」とポジティブな姿勢を示すと「昨日はずっとボールを持っていたので、僕と(南野)拓実くんが両方『8番』になって、その中で僕が少し下がり目にして、拓実くんが前という感じにしていました。ただ、もう少し上の相手になった場合、自分のある程度決まったエリアで動くだけでいいので、無駄に多く走り過ぎる必要がなくなることが良いところかと思います」と分析している。

 笑顔が見えた得点シーンについて問われた際に「1点は取りたいと思っていたし、取らないとダメだと思っていました。ホッとしたという感じですね」と語った鎌田は、ミャンマー戦のプレーについて「他にも(シュートを)打てるシーンがありましたし上手くできた部分もあったかもしれませんが、『ザ・トップ下』というより、低めに動いて周りの選手が生きるようにやっていました。(自分が)そこまで得点力がある選手と思っていないので、上手く周りを生かして、その割に点が取れるという感じなので」と言及。

 そしてこれまでも含めた自身のプレースタイルについては「フランクフルトで考えれば何かが突出しているわけではないが、総合値は他の選手より上なのかなと思います」と冷静に語ると、武器の一つであるドリブルについて「パスを上手く見せているからこそ、ドリブルが生きたりする意外性という部分。ゴール前の1対1だったら、抜く自信はあります。キックフェイントなどもできるので」と続けた。

 日本代表の次戦は6月3日、『キリンチャレンジカップ2021』ジャマイカ戦を迎える。

関連リンク

  • 5/29 13:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます