赤坂の麻婆豆腐8選!激辛をこよなく愛する筆者おすすめ店をご紹介!

拡大画像を見る

赤坂には麻婆豆腐を取り扱うお店がたくさんあること、知ってました?辛い物が好きな方、中華料理が好きな方におすすめ情報♪今回は、激辛好きの筆者が、赤坂エリアにある麻婆豆腐を食べることができるお店を紹介します!旨辛料理で心も体も満たされましょう♡


激辛グルメといえば、赤坂の麻婆豆腐!


www.shutterstock.com


赤坂には、麻婆豆腐を食べることができるお店が多いことを知っていますか?
今回は、赤坂にある麻婆豆腐を食べることができるお店を、おすすめランチメニュー情報と一緒に紹介していきたいと思います◎


1. 駅近!赤坂で本場四川の人気麻婆豆腐を味わおう!「陳麻婆豆腐 赤坂店」



地下鉄銀座線赤坂見附駅ベルビー赤坂口から徒歩約1分、地下鉄半蔵門線永田町8番口から徒歩約1分の場所にある「陳麻婆豆腐(ちんまーぼーどうふ) 赤坂店」。
東急プラザ赤坂の2階にあり、本場四川の麻婆豆腐を食べられることで人気の老舗店です!


ランチメニューのバリエーションが豊富!



11:00~15:00のランチタイムが筆者おすすめの時間帯♪
ランチメニューは「陳麻婆豆腐」「ナスの四川炒め」「本場四川省のエビチリ」「本日のおすすめ」から選ぶことができ、オプションでミニ麻婆豆腐をつけることができるそうですよ♪

「陳麻婆豆腐」は美味しく食べられる程度の辛さ。ドロッとした麻婆豆腐は、山椒をはじめとするスパイスの香りが効いていて深みのある味♪ご飯がどんどん進んじゃいます◎
ライスがお替り自由なのも嬉しいですね!


<スポット情報>
陳麻婆豆腐 赤坂店 (チンマーボードウフ)
住所: 東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂 2F
電話: 03-3539-5058


2. 大人数でも◎辛党におすすめしたい絶品麻婆豆腐!「赤坂 四川飯店」


tabelog.com


永田町駅4番出口から徒歩約3分の場所にある「赤坂 四川飯店(しせんはんてん)」。
個室も用意されており、8人前後で予約可能◎(※"赤坂 四川飯店公式ホームページ"参照)
高級感のある店内はデートや会食にもいいですね♡


ランチタイムは平日の利用がおすすめ◎


tabelog.com


麻婆豆腐をお得に食べるならやはりランチがおすすめ♪「マーボードウフ」¥1,300(税込)です!
四川豆板醤の濃い赤銅色の上に山椒がたっぷり!1口食べた瞬間、山椒の風味としびれがガツンときます!辛いもの好きにはたまらないですよ♡
ただ辛いだけでなく、旨味がしっかり感じられるのもポイント高めですね!


<スポット情報>
赤坂 四川飯店
住所: 東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館ビル 5F・6F
電話: 03-3263-9371


3. 辛さ調節可!甘党も辛党も必見の麻婆豆腐「炎麻堂 赤坂店」


tabelog.com


赤坂駅2番出口から徒歩約5分の場所にある「炎麻堂(えんまどう) 赤坂店」。店名から辛そうな雰囲気が出ていますよね…!
16:00までランチタイムで営業しているので、遅い時間のお昼ご飯にもおすすめのお店です◎


麻婆豆腐の辛さは5段階から選択可能!


tabelog.com


「炎麻堂」の麻婆豆腐は5段階から選択可能◎辛い物が苦手な方は控えめに、逆に辛党な方は激辛に調節可能な麻婆豆腐です!
「炎麻堂」の麻婆豆腐はオリジナルブレンドした山椒と、自家製のラー油が決め手◎風味高い香りに悶絶しちゃいます♡
ランチタイムには麻婆豆腐定食があります!または他の定食にミニ麻婆豆腐丼として付けるのもおすすめですよ♪


<スポット情報>
炎麻堂 赤坂店 (エンマドウ)
住所: 東京都港区赤坂3-17-8 都ビル B1F
電話: 03-3224-0550


4. コスパ◎赤坂で本格的な麻婆豆腐をお腹いっぱい食べよう!「同源楼」



赤坂駅から徒歩約3分の場所にある「同源楼(どうげんろう)」。日曜と祝日は定休日となっているのでお気を付けください!
「同源楼」は、本格的な四川料理を心ゆくまで食べることができるお店です♪


ランチタイムは定食で麻婆豆腐をお得に♪



おすすめはランチタイムの定食。「麻婆豆腐定食」はなんと¥830(税込)!このエリアで麻婆豆腐がこの価格なのは嬉しい♪
さらにご飯とスープはお替り無料なんだとか♪大食いには嬉しいですね◎
麻婆豆腐は、唐辛子と山椒の一種である花椒(ホアジャオ)の痺れるような辛さが特徴。ひき肉もたっぷりで、とにかく食べ応えのある1品です♡


<スポット情報>
同源楼 (ドウゲンロウ)
住所: 東京都港区赤坂3-18-8 エムプレスビル 2F
電話: 03-3589-0533


5. 激辛好き必見!とにかく辛い赤坂の麻婆豆腐「四川DINING 望蜀瀘」


tabelog.com


赤坂駅から徒歩約3分の場所にある「四川DINING 望蜀瀘(しせんだいにんぐ ぼくしょうろ)」。
「望蜀瀘」は麻婆豆腐をはじめ、激辛四川料理が大集結しているお店なんだとか!刺激のある料理が食べたい方におすすめ◎


一律料金のランチメニューが嬉しい♪


tabelog.com


ランチメニューは炒め物と麺類でそれぞれ何種類か用意されており、料金は一律¥880(税込)!値段を気にせず、食べたいものを思いっきり食べることができます。
唐辛子の刺激的な辛さと、山椒のクセの強い刺激がクセになる1杯。思わずご飯をお替りしたくなっちゃいます♪お豆腐はまろやかで舌触り良く、辛さとの対比が激しい!
舌がビリビリ痺れる四川麻婆豆腐は、激辛好きに是非食べてほしい1品♡


<スポット情報>
四川DINING 望蜀瀘
住所: 東京都港区赤坂4-2-5 ヤブタビル 2F
電話: 03-3588-6693


6. メディアでも紹介されたことがある赤坂の麻婆豆腐「陳家私菜 赤坂一号店 湧の台所」


tabelog.com


赤坂駅から徒歩約3分の場所にある「陳家私菜(ちんかしさい) 赤坂1号店 湧(ゆう)の台所」。
中国大使館や国家観光局公認の賞を日本国内で初受賞したお店だそうです!(※"陳家私菜 赤坂一号店 湧の台所公式ホームページ"参照)


こだわりの麻婆豆腐を是非激辛で!


tabelog.com


ランチメニューのおすすめは「頂天石焼麻婆豆腐」。普通・辛い・激辛の3種類から好きな辛さを選ぶことができる麻婆豆腐です!お好みでパクチーを追加することも可能。
定食で注文すると、ライスとスープがお替り自由だそうです♪

そのまま入った豆腐を自分で崩したて食べるスタイルが新しい◎
ドロッとした麻婆豆腐は、山椒やその他スパイスを含んでおり深みのある味が特徴!石窯で出てくるので食べ終わりまでアツアツな状態なのが嬉しいですね♪


<スポット情報>
陳家私菜 赤坂一号店 湧の台所 (ユウノダイドコロ)
住所: 東京都港区赤坂3-19-8 赤坂ウエストビル B1F
電話:


7. 赤坂エリアの麻婆豆腐で優雅なひと時を過ごせる!「過門香 赤坂溜池山王店」


tabelog.com


地下鉄千代田線赤坂駅の5a・5b出口から徒歩約8分の場所にある「過門香(かもんか) 赤坂溜池山王店」。
高級感溢れる店内で、接待などにもおすすめしたい赤坂エリアで麻婆豆腐を食べることができるお店です!


おすすめは1日100食以上注文される麻婆豆腐


tabelog.com


2種類の豆板醤と花椒を使用した麻婆豆腐は、1日に100食以上注文される料理だそうです。(※"過門香 赤坂溜池山王店公式ホームページ"参照)
山椒が効いた麻婆豆腐は後を引く辛さです!この辛さがやみつきになる1品♪豆腐は中華料理店の麻婆豆腐には珍しい木綿豆腐で、食べ応えもあります◎
麻婆豆腐のランチメニューも用意されているので、必見ですよ♡


<スポット情報>
過門香 赤坂溜池山王店 (カモンカ)
住所: 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 1F
電話: 03-3589-2227


8. 赤坂で本場の四川・上海の麻婆豆腐を「京華茶楼 赤坂通り店」


tabelog.com


最後に紹介するのは、東京メトロ千代田線赤坂駅2番出口から徒歩約1分の場所にある「京華茶楼(けいかさろう) 赤坂通り店」。
本格的な四川料理と上海料理を食べることができるお店です♪


ランチメニューがお得!贅沢ランチを楽しめる♡


tabelog.com


麻婆豆腐は普・中・激辛の3種類から選ぶことができます!ランチメニューは一律¥700(税抜)。

普通の「麻婆豆腐」もおすすめですが、筆者のおすすめは「麻婆炒飯」!パラパラな炒飯の上に、麻婆豆腐をかけていただきます☆
炒飯の味の主張がそこまで強くなく、濃厚でとろみのある麻婆豆腐とベストマッチ◎
普通の麻婆豆腐に飽きたみなさん!ぜひ「麻婆炒飯」を召し上がってみてくださいね♪


<スポット情報>
京華茶楼 赤坂通り店 (KEIKASAROU)
住所: 東京都港区赤坂2-14-1 山王会館ビル 2F
電話: 03-3587-4786


激辛グルメが食べたくなったら赤坂の麻婆豆腐♪


www.shutterstock.com


赤坂にある麻婆豆腐を食べることができるお店を紹介しました。行ってみたいお店は見つかりましたか?
今回の記事を参考にして、激辛な食べ物を食べたくなった時、赤坂を訪れた時は、是非赤坂の麻婆豆腐を食べてみてください!


その他の記事もチェック!


赤坂の麻婆豆腐はいかがでしたか?
その他の赤坂の記事もチェックしちゃいましょう♪


関連リンク

  • 5/29 13:17
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます