長瀬智也は去っても「TOKIO」はドラマ全力!活路は女装!

拡大画像を見る

 TOKIOのリーダーで、株式会社TOKIOの社長としても活動している城島茂が、50歳にして連ドラに初主演することが発表された。10月放送予定の『サムライカアサン』(日本テレビ系)で、城島は大阪のオカン、伊佐木よい子を演じるという。

「TOKIOの俳優枠というと、3月末で芸能界から引退した長瀬智也(42)がやはり筆頭ですが、城島も80~2010年代にかけて端役も込みで24本のドラマに出演してきました。06年のNHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』で主人公の父親役でレギュラー出演したり、演技力は申し分ないんですが、今回のドラマは、連ドラ初主演にして、いきなり強烈なビジュアルです」(女性誌記者)

 解禁されたビジュアルは、「“愛情満開”と書かれたしゃもじと米を山盛りによそった茶碗を持つ、パーマのかかった大阪のオカン」というもので、多くのファンは城島の持ちキャラ“島茂子”を思い浮かべたのは言うまでもない。

「03年に『鉄腕ダッシュ』(日本テレビ系)の企画『茂子の節約家族』で初登場したのを機に、城島はたびたびバラエティ番組で“オカンの茂子”に扮しています。さらに、18年の松岡昌宏(44)主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)では、城島とは全くの別人の遅咲きの新人歌手という設定で番組主題歌『戯言』を歌ったり、同年5月6日には神宮球場でヤクルト・広島戦で始球式を務めたりしていましたね」(前同)

■デビュー当時にセーラー服を着ていた長瀬

 TOKIOの女装枠というと、“茂子”の城島と『ミタゾノ』の松岡が思い浮かぶ。
 ちなみに、松岡演じる「ミタゾノ」こと三田園薫は、公式が「女装している男性だが、女性として勤務している」と明言している。

「実は元メンバーである長瀬智也(42)と山口達也(49)もそれぞれ、バラエティ番組で女装に挑戦したことがあります。長瀬の場合、94年7月5日から8月30日までドラマ『先生はワガママ』(朝日放送)でも、セーラー服を着せられていました。これは、舞台は共学校転換を画策している女子校ですが、名取裕子(63)演じる教師が共学化に反対していて、長瀬ら男子生徒にムチャぶりを強要して追い出そうとしていたことによるものです」(前出の女性誌記者)

 長瀬がTOKIOとしてCDデビューしたのは94年9月21日。CDデビューの記者発表は同年7月12日だった。そのため、94年9月号の『Duet』(ホーム社)で若き日の長瀬は、いま読み返すと実にフレッシュなコメントを残していた。

■今見ると感慨深い若き日のコメント

 当時15歳の長瀬は、こう語った。

「デビューはうれしいよ。ホントに。CDを出してそれを売るんだよ。すごいことだよね。信じられない、アンビリーバブル(笑)。これからの目標は、芝居、踊り、楽器など、いろんなことに挑戦すること。できることすべてをやってみたいんだ。たとえば楽器はギター、ベース、ドラムとかアソビでいじったことはあるんだけど、なにかひとつだけでもマスターしたいと思ってる」(前出の女性誌記者)

 と、後にTOKIOでもひときわロックと芝居の道に目覚めたことを考えると、実に感慨深いことを話している。ドラマについては、

「芝居とミュージカルだけど、いまドラマ『先生はワガママ』に出演中です。ボクの役は魚住春樹。女子高校に転校してきた男のコ3人のうちのひとり。ドラマだからまわりが女のコだけでもいいけど、これが実際だったらヤだよね~。セーラー服とかも着させられちゃうんだよ。もうカンベンして。このドラマの見どころは、やっぱり水着でしょ~。サービスカットです(笑)。超ビキニの水着でさ、最初に見たときゲッと思ったよ。でも毎日暑いからまぁいっかって思ってる。話は戻るけど、暑い夏休み、TOKIOはツアーをやります。ヒマがあれば見にきてよ。おもしろくてあきないステージにするからさ!」

 と、若さを感じさせるコメントもしていた。

■引退前もメイド服?

「00年の『メントレG』(フジテレビ系)ではTOKIO全員が『オズの魔法使い』のコスプレをした際に、長瀬は木村佳乃(45)と一緒に主人公の“ドロシー”の格好をしていました。必死にかわいいポーズをしていましたが、メンバーに“デカい!”とイジられて“うるさい!”とキレ気味に返していました(笑)」(前出の女性誌記者)

 若い頃は“少女漫画から出てきたみたい”とされるくらい美少年だったため、意外とセーラー服も似合っていた長瀬だったが、歳を重ねるにつれて現在のゴツいワイルドな風貌に成長していったのはご存知の通り。しかし、成長後の17年7月の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)でも、女装をしていたという。

「池袋で女子高生らと一緒に、コスプレをしてプリクラを撮る“コスプリ”を体験したんですが、その際に女子高生らに押し切られて、メイド服を着たんです。ただ、最新式の動画も撮れるプリクラに対応できずに“プリクラは動くもんじゃないんだよ!”と嘆く場面もありました」(前同)

■実は山口も経験済みだった

 また、山口は2010年放送の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)でゲスト出演した際に、スタジオでは普通の恰好だったが、ゲスト当てクイズ『大変身!私は誰でしょう?』の企画で女装して美女となっている写真が登場した。アングルとメイクで山口の面影を消していたことから相葉雅紀(38)に「山口さんはもうちょい真っ黒でゴチゴチ(ムキムキ)ですよ」「言わないでくださいね、いまのカットで……」としていたが、スタジオの陰にスタンバイしていた山口が飛び出し、「誰がゴッチゴチなんだよ!」と相葉を羽交い絞めにする、という場面があった。

「長瀬と山口が去り、城島、松岡、国分太一(46)の3人体制になったTOKIOですが、国分はドラマは08年の『いのちのいろえんぴつ』(テレビ朝日系)、映画は13年の『だいじょうぶ3組』を最後に演技方面の仕事をしていない。『ミタゾノ』の松岡、『茂子』の城島につづいて、国分も女装してドラマに出たら、“TOKIO全員コンプリート”という意味でも話題になること間違いなしでしょうね」(ドラマライター)

 意外と女装に縁のあったTOKIO。いつか、『ミタゾノ』あたりで国分の女装も観てみたいところだーー。

関連リンク

  • 5/29 12:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます