ハイヒール・リンゴ「それって平等病」

拡大画像を見る

 人気漫才師ハイヒール・リンゴが29日、MCを務める読売テレビ「あさパラS」で、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、日本人は“平等病”になっていると警鐘を鳴らした。

 ゲスト出演した中山泰秀防衛副大臣が「全国の免疫を上げるためには政令都市をまず消化」と持論を述べた。だが「地方の議員さんは『テレビでやってみんなおびえてるんだから、時期を合わせてやれよ』と。お叱りを受ける」と現状を明かした。

 リンゴは「それって平等病。平等じゃないとあかんって」と肩をすくめた。さらに「それって国が、厚労省が平等言うから」と根源は国にあると訴えた。

 IT総合戦略室のワクチン接種状況ダッシュボードによると、27日時点で1回目接種率の上位は和歌山が23・37%、山口20・68%、佐賀18・05%。東京は11・13%、大阪は8・07%となっている。

関連リンク

  • 5/29 11:18
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます