おうち時間を“もっと心地よく”する3つのヒント

拡大画像を見る

 自宅で過ごす時間をもっと快適に、心地よいものにするには、自身が落ち着ける空間になるように整えることが大切です。次のように、見た目の新鮮さや香り、生活用品にこだわって過ごしやすい空間にしませんか?

■新しい植物を取り入れる

 観葉植物や生花など、鮮やかな植物を室内に取り入れることで、手軽に“いつもの室内”の雰囲気を刷新することができます。お気に入りの色や香りがそばにあると心が落ち着きやすく、水やりなどの世話を習慣にすることで、ちょっとした運動や気分転換を日常に取り入れることも可能。日々の世話が難しい場合は、造花を取り入れるのも一つの方法です。

■お気に入りの香りを取り入れる

 植物自体を取り入れる以外にも、手軽に香りを楽しむ方法があります。それが、アロマテラピー。得たい効能や好みに応じて香りをチョイスし、室内やお風呂で楽しみましょう。室内にアロマスプレーをかけたり、ハンカチに精油を染み込ませたりする手軽な方法から、アロマキャンドルやアロマディフューザーを使った本格的な方法まで、楽しみ方はさまざま。予算や好みに応じて、香りや方法を楽しめるのもうれしいポイントです。

■生活グッズにこだわる

 空気清浄機や加湿器、靴下やブランケットなどの生活グッズは、室内で過ごす間の心身の不調を防いでくれたり、居心地をよくしてくれたりするお助けアイテムです。冷暖房を使用しているときの、冷えや乾燥が気になる場合などにもよいでしょう。ちょっとした不調でも、長時間同じ状態が続けば不快感や不調を増大させますから、快適なリラックス時間を楽しむためにも、自分に合ったグッズを選びましょう。

 家具の色や設置位置、温度や湿度、香り、デザイン……室内のあらゆるものが居心地のよさを変化させる要素です。とはいえ、一朝一夕にガラッと変えることは難しいですから、取り入れやすい、変えやすいものから少しずつ調節していってくださいね。より過ごしやすい空間にするために「自宅に取り入れてみたい」と感じるものから試してみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

関連リンク

  • 5/29 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます