青山ひかる[インタビュー]ぬいぐるみに語りかけるゴスロリ美女を熱演! 「カラコンやネイルにもめちゃめちゃこだわりました」映画『グレーゾーン』出演

青山ひかるが、6月4日(金)より上映の映画『グレーゾーン』に出演する。同作で青山が演じるのは、黒崎家の次女・美鈴役。ゴスロリ衣装のコスプレを披露している。本記事では、青山が同作出演への想いや役柄、見どころなどについて語ったオフィシャルインタビューをお届けする。

――後継者争いをしている3兄弟の次女・美鈴役を演じられました。コスプレをしている役でしたが、この役をオファーされて、いかがでしたか?

青山:
1人だけ異様な格好なので、びっくりしました。衣装合わせの時に、“だったら、髪色も合わせなきゃだし”とメイクさんにバンスウィッグを付けてもらったりとか、カラコンを買ってきたりだとか、ネイルも服によって変えたりだとか、めちゃめちゃこだわりました。

――“好きなキャラクターのぬいぐるみに話しかけている”という設定がありましたが、演じるのは難しかったですか?

青山:
家で、実況ゲームだとか、1人でしゃべることは意外に多く、ヲタク気質でもあるので、そこは違和感なく、逆に楽しかったです。

――ぬいぐるみの聖夜は今作のオリジナルのキャラクターなんですか?

青山:
“もしお好きなキャラクターがあれば、似せて作ります”と言われて、好きなキャラクターに似せて作ってもらっています。『Starry☆Sky』っていうパソコンの乙女ゲームで好きなキャラクターで、頭はまったく一緒です。

――主演・監督の宏洋さんとは、美鈴について撮影前や撮影中にどのような話をされましたか?

青山:
“(長女と長男の)一葉と慎司が感情を出すようなキャラクターではないから、美鈴は好きにやっていいよ”と言われていました。“(ぬいぐるみの)聖夜に向けては甘える感じで、自分が本心を打ち明けるシーンでは、素の青山さんで”と、色々アドバイスをもらいました。

――美鈴役を演じる上で、何を大切にされましたか?

青山:
口が悪い、威勢がいい女の子でもあるし、お姉ちゃんとお兄ちゃんよりは感情が豊かに出せるキャラクターだったので、できるだけ大きな声で“てめぇ”と言ったりだとか、ぬいぐるみの聖夜に話しかけるシーンでは、可愛い女の子でいようと思ったりだとか、いろんな喜怒哀楽を意識しました。

――今作はアクションも満載でしたが、アクションシーンの撮影はいかがでしたか?

青山:
日傘を持っている傘キャラでした。撮影していて、“傘で弾を受けるよ”だとか“ここから銃の弾が出るよ”とか説明された時に、想像できなくて、とりあえず傘を回していたんですけれど、実際に完成した映像を見たら、けっこう迫力があって、あんなに小さい日傘なのに強いキャラクターでした。

――アイドルのステージのシーンの撮影はいかがでしたか?

青山:
女の子たちが可愛いかったです。全力で踊って歌っているので、だんだん汗がすごいことになっていました。一緒に踊りたいなと思いながら、最後のいいところだけ取るっていうことをして申し訳ないなと思っていました(笑)。

――今作の見どころはどこですか?

青山:
最初はのめりやすい面白いシーンもたくさんあったり、奇想天外なことが起こるんですけれど、最初に美鈴とお兄ちゃん(慎司)が一緒に出てくるシーンが面白かったです。壁ドンをされて、こっち(女性)が詰め寄るというのもなかなかないと思います。台本では“去る”としか書かれていなかったので、手下たちにアクションをしたら、反応してくれて、芝居が成立して、それが本編にも採用されて嬉しかったです。

――劇中の黒崎家には“稼がざるもの、食うべからず”という家訓がありますが、青山さんのご実家には家訓はありましたか?

青山:
まったくなく、自由でした。でも、夜19時を過ぎると鍵を閉められていました。高校の時は、“遅くなる”と電話をすればいいんですけれど、忘れると、鍵を閉められて、“中に入れてよ”という状態になりました。

――読者にメッセージをお願いします。

青山:
お話が進むにつれて、“この人が悪役なんだ”とありえないことがたくさん起こるので、そこに興味を持ってもらいたいです。“この人が悪役だと思っていたら違うんだぞ”というのをお楽しみにしていただきたいです。

映画『グレーゾーン』

キャスト:宏洋、西原愛夏、青山ひかる、黒条奏斗、和田奈々、浪花ゆうじ、絹張慶、仁科克基(特別出演)、中村ゆうじ
企画・統括:宏洋
プロデューサー:與五澤健人
協力プロデューサー:J、嶋田豪、西前俊典
音楽:サニーミュージック
ラインプロデューサー:牧義寛
監督補:佐野智樹
撮影:ふじもと光明
照明:江川斉
録音:土屋和之
美術:津留啓亮
衣裳:江橋綾子
編集:田巻源太
殺陣師:森崎えいじ
主題歌:「灰色の空」(作詞:宏洋/作曲・歌唱:ウタエル Utael)
劇中歌:「バースデーラッシュ」(歌:ERECTRIC JELLYFISH/作詞:永野仁美/作曲・編曲:八巻俊介)
音楽プロデューサー:谷口広紀
監督・脚本:宏洋
制作協力:北海道映画舎、アイエス・フィールド
配給協力:アイエス・フィールド
製作・配給:宏洋企画室
2020年/日本/カラー/100分/ビスタサイズ/5.1ch

【あらすじ】
関東に君臨する極道、黒崎家と白川家。彼らは長い間、敵対しており、今なお激しい抗争が絶えなかった。そんな中、黒崎家の当主・黒崎弦信が暗殺された。刑事が密かに容疑者とみなしたのは、黒崎家の後継者争いをしていた弦信の3人の子どもたち。黒崎家に拾われて使用人として働く灰原龍は、刑事の依頼で3人の情報収集をし始める。だが、その事件の裏には、世代を超えて家族が抱える深い闇と秘密が潜んでいた……。

関連リンク

公式サイト公式Twitter

©2020 宏洋企画室

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/29 10:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます