田中みな実に「胸を打つ」など賞賛、岩崎う大“専業主夫”にも共感の声…「生きるとか死ぬとか父親とか」8話

拡大画像を見る

吉田羊、田中みな実らの出演で、ジェーン・スーのリアルストーリーをドラマ化した「生きるとか死ぬとか父親とか」の8話が5月28日オンエア。専業主夫をしていたトキコの元パートナーの発言に共感する声と、田中さんの演技に触れた声も多数投稿されている。

ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔で知られるジェーン・スーさん自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーを、吉田さんらの出演で映像化した本作。

20年前母を亡くし、事業に失敗した父・哲也の面倒を見ているコラムニストの蒲原トキコを吉田さんが演じるほか、トキコとともにラジオ番組「トッキーとヒトトキ」を進行するアナウンサー・東七海には田中さん。昔は破天荒な人生を歩んでいたが、今ではすっかり丸くなったトキコの父・哲也に國村隼。回想シーンで登場する20代のトキコに松岡茉優。トキコの母には富田靖子といった俳優陣も出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回はトキコのもとに結婚直前で別れた元パートナー・青柳タツヤ(岩崎う大)から「久しぶりに会おう」とのメッセージが届く。いったんは断ったトキコだがタツヤが帰郷することを知り、会うことに。売れっ子ライターだったが仕事がなくなり専業主夫になったタツヤは、「男が専業主夫をやることに社会が対応してなかった」と当時を振り返る。その言葉にトキコは過去の自分の言動を省みる。

一方ラジオ収録後、トキコは東から1年前から付き合っている人がいて、アナウンサーを辞め専業主婦になろうと考えていると相談される…という展開。


「元パートナー感が超納得な佇まい」「岩崎う大さんの演技良かったな。訥々としたしゃべり方、控えめな動き、トッキーのパートナーとして、なるほどと思う人物像」など、タツヤを演じた岩崎さんの演技を讃える声とともに「岩崎う大さんの役の考え方がクレバーだし今の日本の社会での専業主夫の立場の弱さ・肩書きの無さが伝わってきて…。」「今日のお話もなかなか深かった。専業主夫or婦になること、仕事を持ち続けること、一緒に暮らす人との関わり方…」など、タツヤの語った言葉に共感するコメントも。

一方、自分が結局容姿や若さで選ばれてきたと自らを卑下する東にトキコは「その人にしかできないような仕事なら続けたほうがいい」と説得。東は異動しろと言われたら退社してフリーになる決意をする。


そんな東を演じる田中さんに「なんかもう、本物の女優さんだな。違和感ないな。自然だもん。」「現実と同じくアナウンサー役なんだけど、普段のキャピキャピした感じを封印してて、なんかかっこよかった」「演技がもっと見たいな なんか胸を打つものがある」などの感想も寄せられている。

(笠緒)

関連リンク

  • 5/29 9:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます