安田顕、「ドラゴン桜」に“太宰治”風の国語特別講師として登場

拡大画像を見る

安田顕が阿部寛主演の日曜劇場「ドラゴン桜」第6話に、東大専科の“国語の特別講師”として登場することが分かった。

第3話から、スマホやSNSを使い、新時代に沿った“桜木メソッド”が本格スタートし、Twitterを中心に話題になっている本作。

5月30日放送の第6話では、桜木(阿部寛)が東大専科の生徒のために3日間の合宿を行う。合宿で桜木は国語の特別講師を招集するが、その特別講師・太宰府治(だざいふ・おさむ)を演じるのが安田さん。


太宰府は、原作の「ドラゴン桜2」にも登場している国語の特別講師。前作の「ドラゴン桜」では国語の特別講師として“芥山龍三郎”が登場したが、今作では太宰府が生徒たちの“読解力”を強化するために登場する。

前作から登場している数学の特別講師・柳鉄之介(品川徹)をはじめ、特別講師は個性的な面々が揃っている。はたして太宰府はどのような人物で、どんな授業を行うのか!?


安田さんと阿部さんは「下町ロケット」シリーズで共演しており、先輩・後輩の役柄で息の合った芝居を見せてきた。今作ではどのような芝居を繰り広げるのか期待が高まる。

安田さんは「ヒットドラマの続編、お慕いしている阿部寛さんの代表作のひとつでご一緒できることに喜びを感じました」とコメント、「阿部寛さんに定期的にお会いできることが、自分にとってとてもうれしく、役者としてのモチベーションです」とまで語る。太宰府治役については「舞台本番後に参加し、粛々と佇み、ひそやかに終わりました。そんな現場の感じが太宰府治っぽかったのかな」と振り返っている。


また、5人が揃った東大専科が行う合宿は、勉強だけでなく、受験に挑むために最適な食事・運動・生活習慣などあらゆるメソッドを駆使し、桜木が生徒たちと向き合う。「東大受験」を目標とした桜木の徹底したメソッドは、受験生だけではなく、色々な面で役に立つことばかり。そして、未だ東大専科に加入していない藤井(鈴鹿央士)と麻里(志田彩良)を合宿に呼んだ桜木の真意にも注目だ。

ようやく新時代の「東大専科」が本格始動し、 勉強だけでなく、それぞれの生徒とその家族にも向き合ってきた桜木。第6話では、優秀だが大学進学に興味のない小杉麻里の家族と向き合うことになる…。

「ドラゴン桜」は毎週日曜21時~TBS系にて放送中。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 5/29 8:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます