身体を覆いつくす数千の腫瘍 「なんとか手術を受けたい」と67歳男性(印)

拡大画像を見る

インド東部オリッサ州(Odisha)の小さな村に住むディワカール・ビソエさん(Diwakar Bisoye、67)は、14、15歳の頃に身体に小さないぼのような腫瘍ができ始めた。

最初は数えるほどしかなかった腫瘍は次第に増え始め、50年以上を経た今では身体のほとんどを覆いつくすまでになった。なかでも特に大きいのが左脚太ももにできた腫瘍であり、その重さは30キロにもなる。

ディワカールさんは「左脚の腫瘍は重くてね。座って抱えていれば楽なんだけど、今のままでは自由に歩くこともできないよ」と肩を落とし、次のように続けた。

「以前はどんな仕事でもやったけど、ここ8~10年で生活が一変したよ。働くことができなくなってしまったんだ。家でじっと座って、食事をするだけさ。それに腫瘍は耳や目の周りにもできていて、人の話を聞くことや視界にも影響が出ているんだ。」

そんなディワカールさんの世話をするのは35年前に結婚した妻のドバニさん(Dobani)で、現在は子供たちが夫妻に経済的な援助をしているのだという。2人が結婚する前、ディワカールさんの腫瘍はほんの数個しかなかったそうで、ドバニさんは夫について次のように語っている。

「昔は体格もよく、自営で森で働く仕事をしながら家事も手伝ってくれたわ。それがまさかこんな深刻な状態になるとは考えもしなかった。親戚が夫のことを良く思っていない時期もあったけど、今は落ち着いたの。私は他の人が何と言おうと、そんなこと気にしていないの。唯一望んでいるのは、夫が一日も早く援助を受け、手術ができるようになることよ。」

一方のディワカールさんは「もし妻がいなかったら、今以上に大変な思いをしてたと思う」とドバニさんに感謝し、現状や今後についてこのように明かした。

「外出すると、私に同情しているのか、気分が悪いのか、好奇の目でジロジロみられることもある。過去には地主に『家を出て行ってくれ』と言われたこともあった。ただ、今住んでいる村のみんなは私を傷つけるようなことを言ったりはしないよ。みんな私のことを好きでいてくれるし、私は自宅に人を迎えるのが好きなんだ。人と一緒にいると幸せな気持ちになるからね。」

「今の望みは、腫瘍を取り去ることだね。全部とは言わないけど、左脚の大きな腫瘍だけでも切除したい。そうしたら家の中だけでなく、外に出て自由に動き回れるようになるからね。ただ私にはお金もツテもないから、政府が協力してくれるとありがたいよ。」

ちなみにディワカールさんのインタビューをYouTubeチャンネル『Truly』で見た人のなかには、「900万人以上の番組登録者がいるんだから、なんとかしてあげられないのか」「寄付金サイトを開設しよう」「もし医者が見ていたら、彼に手を差し伸べてあげて」「夫婦に恩恵がありますように」「ドバニさんも立派」「彼のことはよく知っている。みんなに好かれているよ」「これは神経線維腫症だね」といった声があがっている。

なお昨年1月にも、ディワカールさんのように皮膚が腫瘍に覆われる難病の女性を紹介した。米アラバマ州在住の35歳の女性は、約3000人に1人の割合で発症するという遺伝性の神経線維腫症I型(NF1)を患っており、「偏見をなくしたい」と訴えていた。ただこの病気は、現時点では完治させる治療法はないという。

画像は『Born Different 2021年5月21日付Facebook「This man has thousands of tumours on his skin」』『Born Different 2021年5月22日付Instagram「I started getting tumours before I was 14-15 years old.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 5/29 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます