「発売早々売切れ続出…!」モスバーガーから”真鯛カツバーガー”登場!絶品すぎてSNSでも話題に

モスバーガーの新作バーガーがいま話題となっています!

それは、真鯛をカツにして挟んだという贅沢の極みバーガー!

「身がふわふわでおいしい」「カツの厚みがすごい」「高級な味」など、SNSでは話題沸騰中なんです。
人気がゆえに、買いに行くタイミングによっては売り切れの場合もあるのだとか。

「バーガーの中身はハンバーグに限る!」と思っていたわたしの概念を、この真鯛カツバーガーはいとも簡単に覆しました。
正直なところ、このおいしさに相当驚いています!

それでは、実食レポートにて『真鯛カツバーガー』の魅力をたっぷりとご紹介していきます!

(1)愛媛の真鯛を使った生産地応援バーガー




5月20日に発売されたのは、生産地応援の取り組みとして商品化された『真鯛カツバーガー』です。

愛媛県愛南町の養殖真鯛を使用した、贅沢なお魚バーガー。
ここの真鯛の特徴は、刺身に使われるほど身が締まっていて、きめ細やかで上品な脂のりなんだそうですよ。

このコロナ禍ですが、わたしたちが食べることで生産地を応援できるなら、それはとても嬉しいことですね。

(2)レモンが効いているのがポイント




バーガーの包みを開けると、すぐにレモンの爽やかな香りが鼻に届きました。
タルタルソースにレモンを効かせることで、真鯛のおいしさを引き立てているそうですよ。

タルタルソースとレモンはもともと相性がいいですが、この真鯛カツバーガーのレモンは思った以上に風味がしっかりして爽やかです。

夏にピッタリな味わいで、わたしはこのレモンの強さにハマりました♪

(3)真鯛カツは贅沢に2枚!




このバーガーについて特筆すべきは、なんと真鯛カツが2枚ということ!
高級魚である真鯛をこんなにたっぷり使っているなんて、本当に贅沢極まりないバーガーですよね♡

その下にはグリーンリーフ、千切りキャベツと真鯛カツに合う野菜が敷かれていますよ。

(4)身が厚い!




バーガーをカットしてみると、真鯛カツの断面を確認できました。

この身の厚み、すごくないですか!?
これだけの厚みがあれば、真鯛の味をしっかり感じられそうですね。

真っ白な身がいかにもおいしそうな雰囲気を醸し出して、はやく食べたい気持ちになります…!

(5)身がふわふわ!カツとタルタルが合いすぎる♡




食べてみると、真鯛が本当にふわふわしていることに驚きました!
火の入れ具合が絶妙で、しっとりやわらかくてとにかくふわふわ!

そしてテイクアウトで食べているのにもかかわらず、衣はサクッとした状態を保ったままなのにもまたビックリ!

タルタルソースは玉ねぎやピクルスのシャキシャキ感が心地よく、レモンの爽やかな酸味が真鯛カツのおいしさを引き出していて、このカツにこのタルタルソースがよく合いすぎて感動すら覚えます。

これはSNSでの評判通り、絶品です!
食べたら納得のクオリティですよ。

(6)なくなる前に急いで!




『真鯛カツバーガー』は税込530円、394kcalです。

最初、値段を知ったときに「高い!」と感じたわたしでしたが、食べたら不思議と高く思わなくなりました。
この価格分の価値は十分すぎるほどありますよ。

ひとつ注意したいのが、このバーガーが“数量限定”だということ。
早くも人気商品なので、食べたいと思ったらすぐにモスへ足を運んだ方がよさそうです。

食べ逃しがないよう、ぜひお早めに!

愛媛県愛南町の、身質のいい真鯛を存分に味わえる『真鯛カツバーガー』。
もしこれを気になるならば、必ず食べてみてほしいほどのクオリティです!

真鯛の身のふわふわさ、忘れられません…♡
わたしはもう一度味わいたいと思います♪

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
(liBae編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/28 22:35
  • liBae

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます