ヒトラーVSガーナ人! 前代未聞のカンフー映画『アフリカン・カンフー・ナチス』キレッキレ格闘シーン解禁

拡大画像を見る

“生き残っていたヒトラーと東條英機がガーナを制圧、世界征服のための最強武闘会を開く”というトンデモすぎる設定で話題の映画『アフリカン・カンフー・ナチス』が6月12日より公開。ガーナ人キャストがキレッキレのアクションを繰り広げる本編映像が解禁となった。

日本在住ドイツ人のセバスチャン・スタイン監督が、アフリカとカンフーとナチスの組み合わせを思いつき、類まれな行動力で実際にガーナに赴いて、ガーナの制作スタッフ・キャストたちとともに作り上げてしまった本作。

ヒトラーに地元のカンフー道場を潰され、愛する人まで奪われてしまったガーナ人の青年アデーが、最強のカンフーを習得して復讐を誓うという、意外にも胸アツなストーリーとなっている。

今回解禁となったのは、スタイン監督自ら演じるヒトラーと、彼に洗脳されたガーナ・アーリア人(魔術で顔が白くなっているガーナ人)たちがカンフー道場を急襲するシーンだ。設定から何からB級感いっぱいの本作だが、ガーナのキャストたちの素晴らしい身体能力によって、本格的なカンフーアクションを実現していることがお分かりいただけるだろう。みんな超カッコイイ。


動画が表示されない方はこちら

ちなみにヒトラーの胸のタトゥーが“ハーケンクロイツ”ではなく逆向きの“まんじ”マークなのは意図的なものである。

各界絶賛? 推薦コメント

本作のまさかの劇場公開にあたり、各方面から推薦コメントも到着している。鑑賞前の心の準備に、お目通しあれ。

ガーナで残虐カンフー映画……。正義の主人公は『影蛇拳』の使い手……。あと酔拳と鉄の爪拳? 映画って何やってもいいんですね!
片桐仁(俳優・彫刻家)

このタイトルに「えっ?」と思った人はとにかく一度見たほうがいいです。混ぜるな危険、頭が爆発すること間違いなし!
上坂すみれ(声優)

予備動作なしの超アクロバット体術に驚愕必至! フィジカルとバネの強さが尋常じゃない! ガーナが格闘アクションのニューホープだ!!
人間食べ食べカエル(人食いツイッタラー)

アウト過ぎる要素を飽和させる事で逆にセーフと錯覚させる離れ業。人類生誕の地アフリカからやってきたカンフー映画の終着点だ!
サメ映画ルーキー(サメ映画翻訳家)

『アフリカン・カンフー・ナチス』
6月12日(土)シアター・イメージフォーラム他にて公開

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

関連リンク

  • 5/28 22:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます