アッレグリ監督のユーヴェ復帰が決定! 2014年〜19年に指揮、CL準優勝やリーグ5連覇に導く

拡大画像を見る

 ユヴェントスは28日、マッシミリアーノ・アッレグリ氏が2021-22シーズンから新監督に就任することをクラブ公式サイトで発表した。

 ユヴェントスは今シーズン、セリエAの10連覇を逃し、チャンピオンズリーグ(CL)からも早期敗退。一方でスーペルコッパ・イタリアーナ(スーパー杯)とコッパ・イタリアを制し、リーグも4位で終えて来季のCL出場権はなんとか確保した。それでも28日、アンドレア・ピルロ前監督が1年で退任することを発表していた。

 現在53歳のアッレグリ氏は、カリアリやミランでの指揮を経て、2014年夏にユヴェントスの指揮官に就任した。就任1年目の2014-15シーズンにはセリエAとコッパ・イタリアの2冠を達成し、CLでも12年ぶりの準優勝に導いた。その後も国内タイトルを獲得し、リーグは就任後5連覇達成。しかし、悲願のCL制覇は叶わず、2019年に退任していた。以降はフリーとなり、レアル・マドリードをはじめとする複数クラブが招へいに関心を示していると見られていたが、2年ぶりの“古巣復帰”が決まった。

関連リンク

  • 5/28 22:52
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます