競馬POGドラフト直前情報&ダービー予想【セキネ記者の最新秘話】

拡大画像を見る

 ついに今年も日本ダービーが近づいてきた。わずかながらも、今年は有観客で行われ、東京競馬場も盛り上がりそうだ。

 今年は2年連続の二冠馬が誕生するのかが要注目。オークスでも二冠馬誕生が注目されたが、ソダシは父クロフネの血統通り、2400メートルは長かったようだ。

 対して牡馬・エフフォーリア。皐月賞で圧勝ともいえる強さを見せた。元々東京競馬場の方が向いているといわれていた馬だけに、ここは圧倒的な1番人気に支持されるだろう。

 2番人気は牝馬・サトノレイナスか。里見オーナー、国枝厩舎が悲願のダービーを獲りに、出れば確勝といわれたオークスを回避、こちらに向かってきた。1600メートルのG1を続けて2着。明らかに距離がもう少しあれば両レースとも勝っていたと思われるだけに、ダービーを勝つとすればウオッカなみに突き抜けそうだ。

 3番人気は未完の大器・シャフリヤールか。わずか3戦だが、毎日杯勝ちでダービーへ。未知の魅力は満載だ。皐月賞組からは2着タイトルホルダーと3着ステラヴェローチェ。着順の割に人気の盲点になりそうだ。皐月賞5着ヨーホーレイク、7着ディープモンスターが惑星候補か。

 そんなダービーをセキネ記者が予想。今シーズンは上げた馬の中の1頭は馬券に絡む傾向だが、ダービーやいかに!?

 そしてPOG情報も、今回で最終回。最後は牡馬のドラフト候補について、最終決断を下す。今年のダントツのドライチ候補、コマンドラインに行くべきか行かざるべきか。セキネ記者の決断は!?

https://youtu.be/64mCdSh0h78

関連リンク

  • 5/28 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます