高橋名人「全国キャラバン」前に「『スターフォース』の1面だけを繰り返し練習した」“名人”を名乗るまでの努力を明かす


高橋名人



お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。4月17日(土)放送のお客様は、高橋名人さん。スマートフォン向けゲーム「高橋名人35周年記念アプリ~ゲームは1日1時間~」を2月18日(木)より配信スタートした高橋名人が、ハドソン社員時代を振り返りました。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:高橋名人



本日のお客様は、高橋名人こと高橋利幸さま。1959年、北海道生まれ。1982年に株式会社ハドソン入社後、「第1回 全国ファミコンキャラバン」で高橋名人の称号を獲得。ファミコンブームとともに、当時の子どもたちから絶大な人気を集めます。シューティングゲーム「スターフォース」で披露した、1秒間に16回ボタンを押す「16連射」は、名人の代名詞に。プロゲーマーの先駆的存在として、現在でも幅広い世代の方に知られています。


ハドソン入社時の高橋名人


◆“名人”と呼ばれるまで

川島:我々世代からしたら、本当に神様でございます。

高橋:ありがとうございます。

川島:こうやってお会いできるとは思いませんでした。そもそも、高橋名人としてのお仕事の始まりは?

高橋:基本的には会社員でした。当時のハドソンは、ソフトウェアのプログラムを販売する会社でした。入社2年目の1983年に(任天堂から)ファミコン(ファミリーコンピューター)が発売され、ハドソンはファミコンの周辺機器の1つ「ファミリーベーシック」を開発していました

川島:パソコンのキーボードのような見た目の。

高橋:そうです。(付属のロムカセットとキーボードの2点をファミコン本体に接続することで)ゲームプログラムを組めるものです。発売後に100万本を超えました。その翌年に、難しいバージョン(ファミリーベーシックV3)を出して、東京・銀座でイベントを開催したのですが、子どもたちが集まってくるんですよね。

川島:ファミコンが大ブームでしたから。

高橋:「これを全国でやったら面白いね」っていうことで、「ハドソン全国キャラバン」っていうイベントを開催することになりました。その打ち合わせのときに、「ボスキャラのポイントの取り方とか、ちょっとした技を教えてくれる先生がいたほうがいいよね」っていう話になって、「じゃあお前がやれよ」と。「愛称を決めたほうがいいだろう」って話になって、「日本では将棋・囲碁の世界で上手い人は“名人”って言うから、名人でいいんじゃないか?」「じゃあ高橋名人で」って決まっちゃったんですよね(笑)。

川島:それまでゲームは、めちゃくちゃ得意でした?

高橋:そうでもないですよ。普通でした。

川島:でも、いきなり会社の上司から「お前はもう名人だ」と言われて。「“名人”で生きてくれ」っていうことですよね?

高橋:宣伝ですからね。そういうお金がなかったんです。今だったら、タレントさんや芸人さんにお願いして「このゲームをやってくださいよ」って言って、前に立ってもらうのが1番簡単ですよね。

川島:いわゆる広告塔として。当時は、それもできなかった?

高橋:ないですよ。お金がないから。

川島:だから一社員が、いきなり名人と名乗るしかなかったという。

高橋:そうです。

川島:名人と言われてから、ゲームをめちゃくちゃ練習したわけですか?

高橋:はい。だって、“名人と呼ばれる人はすごい”っていうイメージがあるじゃないですか。だから“下手なことができないぞ”と思うわけですよ。ところが、イベントなので1面だけプレイすればいいんですよ。

川島:みんなの前でやるネタみたいなものですよね。

高橋:はい。1面だけを2、3分頑張ればいいんですよ。

川島:ちなみに、そのときに練習したソフト名は?

高橋:「スターフォース」です。

川島:1面クリアしたら、またリセットを押して、また1面……。それをずっと繰り返して1面だけを極めていくと。

高橋:はい。失敗をしたら、どこでどういうルートで失敗したのかを(振り返って)。

川島:そうか。高橋名人の前に名人がいないから、ご本人が開拓していくしかないわけですね。

高橋:そうです。あとは、“どこの、どのポイントを説明すれば分かってくれるのだろうか”などと考えながらプレイしていました。

川島:なるほど。同時に、子どもたちに教える練習もしていたんですね!

高橋:そうですね。


「ハドソン全国キャラバン」



▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回5月29日(土)のお客様は、中田花奈さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/28 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます