有村崑の「自爆」で後釜に浮上!宇垣美里が「映画コメンテーター」で干されアナから復活!?

拡大画像を見る

 新垣結衣と星野源の「逃げ恥婚」にかき消されたのが、ナイツの塙宣之をして「逃げられて恥をかいた有村崑」とイジられていた映画コメンテーターの有村崑だ。

「FRIDAY」(講談社)にセクシー女優との“ラブホ不倫未遂”が報じられ、現在はテレビとラジオ計5本のレギュラー番組をすべて降板となっている。

「有村は熱烈なアプローチでフリーアナの丸岡いずみと12年に結婚。おしどり夫婦と呼ばれ、2018年1月には海外での代理母出産によって子供にも恵まれています。有村はSNSナンパからのゲスネタ攻めで、この女性をホテルに連れ込むことに成功するも、何もさせてもらえず退散。しかし、そのゲスすぎる一部始終が明るみに出たことで、過去にうつ病を告白したこともある丸岡のメンタルへの心配の声が相次ぎました」(芸能記者)

 結果、未遂ながら「丸岡さんのケアを優先させる」との理由で、芸能活動は長期休業となる見込みだという。

 そこでぽっかり空いたのが、「映画コメンテーター」の枠。そこに意外な人物が「ポスト有村」として浮上しているという。映画ライターが明かす。

「フリーアナの宇垣美里ですよ。彼女は歯に衣着せぬ発言が敬遠されたのか、このところは思うように活躍できていなかった。その現状を打開しようと、最近は美容、音楽、チョコレートなど新たな“フック”を作って仕事の幅を広げようとしていた。映画もその一つで、最近はコラムなどで映画について語ることが多くなっています。さらに、タイミングよく4月26日に放送された『生中継!第93回アカデミー賞授賞式』(WOWOW)で案内役に抜擢されたことで箔がつき、映画界でも注目される存在になっているんです」

 TBSラジオの番組『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)で火曜日のパートナーを務める宇垣。パーソナリティのライムスター宇多丸による、歯に衣着せぬ映画批評が同番組の売りのひとつであり、その宇多丸から薫陶を受けた、率直な映画批評を聞くことができるかもしれない。

 はたして宇垣は、有村の「自爆」をチャンスに変えることができるか。

  • 5/28 14:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます