ガリガリガリクソン「周囲の怒りをかったら最高ですね!」女装写真集を出版

拡大画像を見る

 芸人のガリガリガリクソンさんが、5月30日グラビア写真集『Yonta Fe -fatboy slim-』を自費出版します。

 単なる写真集ではありません。ぽっちゃり体型の35歳、中年のおじさんであるガリクソンさんが女装をし、ゴリゴリに修正を施して完璧な美少女に変身するという一風変わったコンセプトの作品なのです。

 そこで今回、写真集のモデルであるガリガリガリクソンさんに直接インタビュー。写真集発売への意気込みだけでなく、新婚生活についてまで聞かせてくれました!

◆オッサンでも可愛くなれる!ブサイクはごまかせる!

――今回の写真集の企画は、どういうきっかけで走り出したのでしょうか?

 これはだいぶ前からやろうって言ってたんですが、タイミング合わないままズルズルきてしまいまして。ただ、結婚をするにあたってこれから痩せていかなければと。すると、この太ってる姿を写真に収められるのも、これが最後かなと。

――そういえば、2015年頃に一度、夜のお店風グラビア美女写真で話題になりましたよね。もしかして、あそこから派生した形なんですか?

 いえ。あれよりも前に、テレビの企画でやったのが最初なんです。僕以外にもNON STYLE(ノン・スタイル)の井上さんやアインシュタインの稲田くんがエントリーして誰が一番可愛くなるのかと。それがだいぶ反響がありまして、写真集を作ろうと。
 その後に写真加工アプリなんかがどんどん出始めて、早くしないと早くしないとってずっと焦ってました。

――アプリが台頭する前ってことは、本当にかなり前ですよね。

 調べてみたところ、2013年4月26日収録になってました。ちょうど8年前の話です。そして今から2~3年前にちょっと痩せてしまった時期を経て、ようやく日の目をみた感じです。

――今回の写真集のコンセプトは?

 最近、男性の美容ブームの流れがありますよね。そこで"オッサンでも可愛くなれる!ブサイクはごまかせる!"というイメージでやってました。セクシーではなく、カワイイでどこまでいけるかを目指しています。

◆無理なカバーなしで普通のメイクをしただけ

――自分に自信のない女性が「私もやってみよう」と勇気が出るのではないかと個人的には思います。だって、写真めちゃくちゃ可愛いですもん!修正も必要ないんじゃないかってくらい。

 そんなこと言われたら、調子に乗りますよ(笑)。

――今回のメイクのポイントを、ぜひ教えていただきたいのですか。「ここをカバーするように気を付けた」とか、もしあれば。

 そこはメイクさんから聞いてきたのですが「特にない」そうです。「『奇跡の一枚』みたいにテープでいっぱい吊ったりしなきゃならないと思い、気合を入れて挑んだけれど普通に女の子メイクをしただけで済みました」とのこと。たぶん特別にやったことは、カラコンとつけまつ毛とウィッグくらいだったと思います。

――おお~!それってガリクソンさんの素材がかなり良いってことですよね。実はスゴいポテンシャルの持ち主?!

 そういえば、ツイッターで告知をした時も過剰修正と無修正の写真を両方アップしたんですが、「加工してない写真が欲しい!」って声が多かったんですよね。マニアックな人たちだ……。

◆「可愛い」に嘘つけ!と思いながら撮られてました

――ガリクソンさん自身が、撮影のために気を付けていたことはありますか?

 撮影スケジュールを組んだ時点での体重が90キロだったんですが、周りがみんな「100キロまでいけ!」と煽ってくるので、正月に餅をモリモリ食べる大騒ぎで(笑)。なんとか100キロ到達しました。

――さすが、被写体として意識が高い!

 今、102キロです。

――さらに増えてた(笑)。でも、鈴木亮平に匹敵する役作りですね。ちなみに、カメラの前に立つ時はやはり女の子の気持ちを作って挑んだりするのでしょうか?

 そこは、カメラマンさんの力ですね。撮影中にずっと「可愛いよ~可愛いよ~」って言ってくるんですよ。嘘つけ!と思いながら撮られてました。

◆大量のブラジャーでも動じない新妻

――プライベートのお話になりますが、2月にご結婚されましたよね。おめでとうございます!

 ありがとうございます。でも今、家に今回の写真集で使った水着とか下着が段ボール二箱分あるんですよ。あれ、どうしたらいいんですかね。

――奥さんに見られたら大変なやつでは(笑)。

 そうなんですよ。うちの奥さんは僕がどんな仕事してるのかを全然聞いてこない人なので、あれを見て「コイツ、東京で何やってるんだ」って思ってるんじゃないでしょうか。

――じゃあ、写真集のことも全く知らないんですか?

 たぶん。そうでなくとも、普通の奥さんが家に知らないピンクのブラジャーがあるのを見つけたら、もっとえらい騒ぎになると思うんですけど。

――全く動じない、平気っていうのはさすがですね。

 単に、僕に興味がないだけなのかもしれません(笑)。

◆世間の人がムカつくことをしてやろう

――では最後に、ガリクソンさんの今後の活動予定や目標について聞かせてください。

 とにかく、一番世間の人がムカつくことをしてやろうかと思ってます。もともと印象が良くない分、デイトレーダーで生活ができてたり家族を持ったり、どんどん幸せになっていくことで周りを嫌な気分にさせるのが楽しいんですよ。

――ガリクソンさんの幸せが周囲への攻撃に……。

 他の芸人さんがコロナで仕事がない中、会社に行くとすれ違いざまにニラまれることがありますからね。最終的に、孫たちに囲まれてすごく幸せに死んでいくんじゃないかな。それすら周囲の怒りをかったら最高ですね!

――ありがとうございました!ガリガリガリクソン写真集『Yonta Fe -fatboy slim-』、手にとって、その変身ぶりを堪能してください。

◆ガリガリガリクソン 1986年生まれ、兵庫県伊丹市出身。関大第一高、放送芸術学院(現放送芸術学院専門学校)卒。NSC23期生で00年デビュー。09年「お笑い新鋭王座」初代チャンピオン。著書「ガリガリガリクソンの本当にあった お~怖っな話100連発」(講談社)Twitter:@gg_galixon

<文・インタビュー写真/もちづき千代子>

【もちづき千代子】
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。Twitter:@kyan__tama

関連リンク

  • 5/28 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます