長濱ねる、ゾンビのいる世界になったら「ゾンビになっちゃえばいい」

 タレントの長濱ねると劇団ひとりが28日、都内で行われたNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』“愛しのゾンビ映画”ファンイベントに出席。ゾンビがいる世界になったらどう行動するかを明かした。イベントにはザック・スナイダー監督もリモートで生出演した。

 本作は、ゾンビが大量発生したラスベガスを舞台に、一人の男が傭兵たちとともに、“進化型ゾンビ軍団”が支配する超危険エリアに侵入し、史上最大の強盗計画に挑む物語。キャストは、デイヴ・バウティスタ、真田広之、エラ・パーネルらが出演する。

 ゾンビ作品の魅力について劇団ひとりは「自分だったらどうするかって考えさせてくれること。俺は主役みたいな行動はできないな、とか、結構序盤に殺される役だろうな、とか、なんなら敵役かもな?とか、自分を掘り下げていけますよね」とコメント。さらに「ずっと逃げるのは結構恐いから早めにゾンビになっちゃうかな」と明かした。しかし、かまれるのは嫌だと話し「だから自分で安全ピンかなんかで穴刺して、そこにゾンビの血をちょんちょん、って塗って。人間に殺されるのも嫌なんですよ。密室にこもってゾンビ化するのを待つ」と具体的にシミュレーションして会場の笑いを誘った。

 これには長濱も「逃げるの恐いですし、早めになっておいた方が安牌なんですかね」と考え「逃げる方ばっかり考えて、隠れたほうがいいのかな?とかどういうところが見つからないのかな?って思ってたんですけど、今お話聞いて確かにゾンビになっちゃえばいいのか、と思いました」と同調していた。

 本作の印象的だったシーンについて長濱は「カジノの中で銃を乱射するシーンがあって、お札がば~っ! と舞っていて。あれちょっとやってみたいなって」とにっこり。劇団ひとりが「でも生き残れなさそうですよね」と反応すると、長濱は「そうなんですよ! 生贄にされそう」と苦笑していた。

 スナイダー監督は今作で監督だけでなく、カメラマンも務めていることを話し「結構チャレンジングでした。もともと10年間広告系の作品の監督をしていて、そのときは自分でカメラマンを務めていたのですが、映画を始めたらやらせてもらえなかったんです。この作品でやっとそれがかなって本当に楽しかった」と回顧。

 続けて「カメラのオペレーションもしつつ、照明も自分で作りつつ、監督もしつつ、脚本も執筆したので結構やること多かったですね」と振り返ると、劇団ひとりは「えぇ!? この人こそ“劇団ひとり”を名乗るべきですよ」と驚いた顔を見せていた。

 Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド 』は全世界独占配信中。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/28 12:47
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます