在宅ワークで作業効率がダウン!? パフォーマンスをアップさせる「家電活用」術とは

拡大画像を見る

通勤時間や身支度の手間が省けるなど、さまざまなメリットがある在宅ワーク。
一方で、オフィスワークと比べると作業効率が落ちる、仕事に集中できない、疲れやすくなったなどの弊害もあるようです。

こうした背景をふまえ、今回パナソニックでは、「在宅ワーク中のパフォーマンス」をテーマに調査を実施。
現在、週に平均3回以上、在宅ワークをおこなっている20~50代の会社員男女500名を対象としたアンケートにより、その実態を調査しました。

在宅ワークは「オフィスワークと比べて仕事のパフォーマンスが下がりやすい」7割超はじめに、在宅ワーク時の「パフォーマンス」(集中力や作業効率を含めた仕事ぶり)について聞いたところ、「在宅ワークは、オフィスワークと比べて仕事のパフォーマンスが下がりやすいと思う」と答えた人が74%にのぼりました。
具体的に、「どれくらい仕事のパフォーマンスが下がると思いますか?」と質問すると、その平均は「約3割」という結果に。
在宅ワークは、オフィスワークと比べて、パフォーマンスがおよそ3割もダウンしてしまうことがわかりました。

在宅ワーク中にパフォーマンスが下がるのは、切り替えや集中がしづらい「環境」のせい!? そこで、「在宅ワークのときにパフォーマンスが下がりやすいのは、なぜだと思いますか?」と聞くと、「ずっと自宅にいることで、気持ちにメリハリがなくなるから」(51%)、「仕事以外のことに興味が向いてしまいがちだから(家事・趣味・娯楽など)」(44%)、「時間の区切りがつけづらく、夜までダラダラ仕事してしまうから」(38%)、「家族の声、生活音、近所の音などがうるさいから」(31%)などの回答が上位となりました。
また「在宅ワーク中のパフォーマンスをアップさせるうえで、自宅の仕事環境は重要だと思いますか?」と聞いたところ、実に98%が「そう思う」と回答しています。

家電で快適な仕事環境づくりをパナソニックでは、在宅ワークをサポートするための家電・電化製品を多数展開中です。
パソコンや資料の小さな文字もくっきりみえて、細かい作業の集中力がアップする「LED照明」、家族や近隣の音が気になりづらく、長時間の会議に集中できる「ワイヤレスイヤホン」、大きな画面で作業に集中しやすく、デュアルモニターとしても活用できる「プライベート・ビエラ」など、在宅ワークのパフォーマンスをアップさせるさまざまなアイテムを取り揃えています。

また現在パナソニックでは、「在宅ワーク応援」をテーマにした特集ページを公開中。在宅ワークのパフォーマンスをアップする仕事環境の作り方やおすすめの商品・情報を紹介しています。
快適な在宅ワーク環境のために、仕事スペースの「家電・電化製品」を見直してみてはいかがでしょうか。

【参考】
※パナソニック「在宅ワーク応援」特集ページ
https://panasonic.jp/life/special_03.html
  • 5/28 15:00
  • WomanSmartLife

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます