桜井玲香、待望の再演 朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』に出演決定

拡大画像を見る

東宝が贈るラブストーリーに特化した朗読劇シリーズ《恋を読む》の第二弾として上演された『逃げるは恥だが役に立つ』。この度、待望の再演に桜井玲香の出演が決定した。


夫=雇用主、妻=従業員の<契約結婚>という選択をした2人が、従来の価値観にとらわれることなく仕事や夫婦のあり方に向き合っていく、新感覚の社会派ラブコメディ『逃げるは恥だが役に立つ』。 月刊「Kiss」(講談社)で連載された本作は、2015年に第39回講談社漫画賞(少女部門)を受賞し、翌年連続テレビドラマ化。 最終話の平均視聴率が20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなどその人気は社会現象となった。さらに2019 年 1 月には待望の連載再開、そして 2021 年 1 月には新たなエピソードの新春ドラマスペシャルが放送されるなど、現在に至るまで「逃げ恥」の世界は世相を反映しながら広がり続け、また愛されて続けている。

 

そんな平成を代表する大ヒットラブコメディを、2019年に《恋を読む》シリーズ第二弾として初の舞台化。様々な分野から集まったトップランナー達が個性豊かなキャラクターを日替わりで演じた朗読劇は大きな話題となった。そしてたくさんの声に応え、2021年8月、シアタークリエでの再演が決定した。


脚本・演出を務めるのは、朗読劇シリーズ《恋を読む》全作品の脚本・演出を手掛ける、劇団「ロロ」主宰の三浦直之さん。NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』の脚本を手掛けるなどその才能は舞台に止まることなく、今最も熱い若手劇作家として注目を集めている。

 

そして今回も人気と実力を兼ね備えた豪華キャスト陣が集結。桜井玲香は8月12日(木)に出演、物語を紡いでいきく。

 

<桜井玲香コメント(8月12日出演)

原作漫画もドラマも大好きな作品です。

大人気作品で、世間のイメージもしっかり出来上がっていると思うので、新たな「逃げ恥」をつくる難しさを感じつつ自分の『森山みくり』をどう作ろうか今から楽しみです。

原作はテンポが良くセリフが多いイメージなので、朗読劇ではしっかりはっきり演じることを大切にしたいです。原作の良さを保ちつつ、新しい逃げ恥をお届け出来るよう頑張ります!

劇場でお待ちしております。

 

 

<恋を読むinクリエ『逃げるは恥だが役に立つ』作品概要>

■公演名                                  恋を読むinクリエ『逃げる恥だが役に立つ』

■期 間                                  2021年8月11日(水)〜8月18日(水) 計16公演

■会 場                                  日比谷シアタークリエ

■原 作                            海野つなみ『逃げる恥だが役に立つ』(講談社「Kiss」所載)

■脚本・演出                            三浦直之(ロロ)

 ■出 演(出演日順)   細谷佳正、太田基裕、戸塚祥太、立石俊樹、荒木宏文/仙名彩世、桜井玲香、大原櫻子、花乃まりあ、城妃美伶、内田真礼/梅津瑞樹、立花裕大、有澤樟太郎、梅原裕一郎、水田航生、牧島 輝、矢田悠祐/壮一帆、シルビア・グラブ、友近、春野寿美礼、朴 璐美

関連リンク

  • 5/28 14:17
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます