ジュリエット・ビノシュ「強くあれ!」歌って踊って叫ぶミュージカルシーン『5月の花嫁学校』

拡大画像を見る

ジュリエット・ビノシュを主演に迎え、本国フランスで初登場1位を記録した『5月の花嫁学校』。公開初日となる本日、強く印象に残るミュージカルシーンの本編映像が解禁された。



アルザス地方にある、“完璧な主婦”を育成するためのヴァン・デル・ベック家政学校にも、パリで起きた社会運動“5月革命”の風は届いていた。ビノシュ扮する家政学校校長のポーレットは先生たち(ヨランド・モロー&ノエミ・ルヴォウスキー)と、新入生の少女たちは行動を起こす。


「良き妻はもういない」「強くあれ!」「目を覚ませ 立ち向かえ」と女性の権利を叫びながら颯爽と田舎道を歩き、自由の象徴であるパリへと向かう貴重なミュージカルシーンとなっている。


『5月の花嫁学校』はヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
5月の花嫁学校 2021年5月28日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
© 2020 - LES FILMS DU KIOSQUE - FRANCE 3 CINÉMA - ORANGE STUDIO – UMEDIA

関連リンク

  • 5/28 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます