大竹しのぶ 元夫さんまのデートエピソード 映画で泣かない大竹に「ガッカリしてた」

拡大画像を見る

 女優の大竹しのぶが28日、インスタグラムを更新。自身が声の出演をするアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」の企画・プロデュースを担った元夫の明石家さんまについて「優しい気持ちになる事が好きなんだなぁと、それは出会った頃から全く変わっていません」とつづった。

 大竹は、「漁港の肉子ちゃん」の完成報告会の写真をアップ。渡辺歩監督について「さんまさんの、隙間さえあれば笑いをという、時には無謀とも思われる注文にも果敢に、しかも、優雅に挑んでおられました」と紹介した。

 そしてさんまについては「明石家さんまさんはやっぱり、人を笑わせることだけを考えてるんだなぁというのがよくわかりました」と投稿。「優しい気持ちになる事が好きなんだなぁと、それは出会った頃から全く変わっていません」と、さんまの優しい人柄にも触れた。

 その人柄を表すエピソードとして、さんまが大竹へ「絶対に泣くから」という映画に誘うも「彼は2回目なのにボロ泣きで、私が全く泣かなかったらかなりガッカリしてたっけ」と懐かしそうに振り返っていた。

関連リンク

  • 5/28 12:42
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます