阿部寛“桜木”があらゆるメソッドを駆使!地獄の勉強合宿がスタート

拡大画像を見る

阿部寛が主演を務める日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第6話が、5月30日に放送される。

今作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編で、“令和”になった今だからこそ日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルのストーリーが展開される。

先週放送された第5話では、原健太(細田佳央太)の決意や彼を支える東大専科のメンバーと小杉麻里(志田彩良)が話題に。インターネット上では「桜木先生まじイケメン」「健太くんと麻里ちゃん笑顔で卒業してくれることを願う」「専科のみんなのチームワークに心が動かされました」との声があった。

<第6話あらすじ>
東大専科は3日間の勉強合宿を行うことになった。桜木(阿部)が声をかけた麻里(志田)も健太(細田)の付き添いとして参加し、先日の勝負に破れた藤井遼(鈴鹿央士)も約束通りやって来た。

合宿初日、16年前に地獄の合宿で飛躍的に成長した経験をもつ水野直美(長澤まさみ)は、地獄のカリキュラムを発表する。しかし、桜木が発表したカリキュラムは驚くべきものだった!

そしていよいよ始まる東大専科の合宿。受験に挑むために最適な食事、運動、生活習慣などあらゆるメソッドを駆使し、令和の合宿に挑む一同。藤井、麻里の存在が彼らに与える影響とは?

そして更なるレベルアップを目指し、桜木はくせ者の国語講師を招へいする。東大合格に向けて着実に前進しているかにみえる彼らに不穏な空気がただよっていた……。

関連リンク

  • 5/28 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます