【難読】なんと読む? 「小芥子」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「小芥子」の読み方です。

読み方が想像できない! と思ったら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「小芥子」の読み方は?

「芥」は、“あくた”と読むので、「小芥子」は“こあくたし”、“しょうあくたこ”という読み方しか想像できない人もいるでしょう。

当たり前ですが、どちらも間違いになります。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“こけし”と読みます。

■「小芥子」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「小芥子」の意味は以下のように解説されています。

こ‐けし【小×芥子】

東北地方の郷土玩具。また、その様式をまねたもの。ろくろびきの木製人形で、丸い頭と円筒形の胴からなり、手足はなく、簡単な彩色で主に女児の姿をかたどる。土地によって胴の形や描彩、顔の面相などに特色がある。木ぼこ。木でこ。こけし人形。こけしぼうこ。

頭部が芥子の実に似ているため、小さい芥子の人形という意味で、「小芥子」で“こけし”と読むようになったそうです。

ひらがなで見ることが多いですが、漢字では「小芥子」と書くんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「小芥子」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。漢字で書いたりする機会はない言葉かもしれませんが、由来を知らないと、なかなか読めない言葉ですよね。

普段、ひらがなやカタカナで表記される言葉の漢字表記を調べてみても、おもしろそうですね。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 5/28 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます