加藤綾子、「微バスト化」疑惑を加速させる熱烈ファン「サボテン原因説」妄想!

拡大画像を見る

 推定Eカップの豊かな胸でお茶の間の視線を独り占めにしてきたフリーアナの加藤綾子。だが、最近はバストの縮小疑惑が噂されている。

「インスタで公開された写真を見ると、明らかに小さいんですよ。Cカップ程度、写真によってはBカップに見えることもあります。なぜ小さくなってしまったのか。彼女のファンとしては気が気ではありません」(週刊誌記者)

 縮小に関係しているのではないかとファンの間でささやかれているのが、まさかの「サボテン」だ。カトパンは19年11月ごろからサボテンを栽培し始めた。当初は「玉」が小さかったが、少しずつ成長。立派になっている。

「1年後の昨年11月にインスタで公開されたのですが、玉が増え大きくなっていました。同時に加藤のバストが小さくなっているとの指摘があり、『サボテンに栄養を取られたのではないか』という冗談が上がりました(笑)。そして5月25日、再びサボテンの写真が公開されたのですが、玉の数は格段に増え、大きさも以前とは比べ物になりません。しかもつぼみのようなものまで出ているんです。もしサボテンと加藤のバストに関連性があるとしたら…。Eカップが小さくなってしまったのも納得ですね」(前出・週刊誌記者)

 今回、サボテンの写真を公開すると同時に加藤は〈ちょっと黒ずんでる〉とコメント。これもバストと関連していたらと考えると夜も眠れないファンが続出する!?

関連リンク

  • 5/28 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます