谷原章介、大坂なおみの会見拒否宣言に「耐えられない状況があるのかもしれない」

拡大画像を見る

 俳優の谷原章介が28日、フジテレビ系「めざまし8」で、女子テニスの大坂なおみが全仏オープンの記者会見を拒否するとツイッターで発信したことに言及。「問題が表面化したことで議論が進めばいい」との考えを示した。

 番組では、大坂がツイッターで全仏オープンの会見を拒否すると発信したことを取り上げた。大坂は「自分を疑うような人の前には出たくない」「アスリートの心の健康状態が無視されていると感じた」などの理由をつぶやいている。

 谷原は「アスリートの方が会見をするのは当たり前だと僕も思ったりしていた」と切り出すと、自身も俳優という仕事柄「新しい作品が出ると、1日メディア対応で同じ質問に答え続けることはある」とした。

 だがアスリートは「勝とうが負けようが、辛い状況でもその事を振り返らされるって言うのは大変かもしれない」と心情を察し「仰ること以上に耐えられない状況があるのかもしれない」とコメント。そして「問題が表面化したことで、議論が進んでいけばいいなと思います」とも呼びかけていた。

関連リンク

  • 5/28 8:47
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます