バルサ、メッシに契約更新オファー提示か…チームの来季プランが延長のカギに

拡大画像を見る

 バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに契約更新オファーを提示したようだ。27日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 メッシの契約は6月30日までとなっており、今シーズンに就任したジョアン・ラポルタ会長は同選手をチームに引き留めることを宣言していた。

 ラポルタ会長はバルセロナの財政状況を把握するために監査を依頼しており、同会長はその結果が公表されてからメッシにオファーを提示する予定だったという。しかし監査結果の公表まであと2、3週間を要するため、オファーの提示を前倒しすることにしたようだ。

 カタルーニャのメディア『TV3』によれば、メッシはバルセロナの来シーズンのプランについて確認するまでは返事をしないつもりだという。“魅力的なスポーツプロジェクト“や”タイトル獲得“といったメッシの希望が実現できるプランなのであれば、金銭的な問題は二の次になると見られており、28日の記者会見でラポルタ会長が説明することになるようだ。

関連リンク

  • 5/28 7:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます