鈴木亮平“清一郎”の不器用身長差キスに「体格差が好き」「身長差に目覚めた」の声…「レンアイ漫画家」8話

拡大画像を見る

鈴木亮平主演「レンアイ漫画家」の8話が5月27日オンエア。鈴木さん演じる清一郎の不器用な身長差キスに「身長差に目覚めたかも」などの反応が送られるとともに、不器用な言動と大胆な行動の“ギャップ”を演じ分ける鈴木さんの演技にも賞賛が集まっている。

山崎紗也夏の同名コミックスを原作に、恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎と、崖っぷち女子・久遠あいこが繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリーとなる本作。

出演は超人気少女漫画家の刈部まりあこと刈部清一郎に鈴木さん。清一郎の漫画のため“恋愛ミッション”をこなしてきた久遠あいこに吉岡里帆。愛子が好きなカフェ店長代理の二階堂藤悟に眞栄田郷敦。もはやあいこのストーカーとなっている早瀬剛に竜星涼。あいこから清一郎を取り戻そうとする担当編集者の向後達也に片岡愛之助。清一郎の正体を知って気になり出す金條可憐に木南晴夏。清一郎と同居している甥の刈部レンに岩田琉聖。レンの母で清一郎にアプローチする秋山美波に内田理央。あいこに対抗心を抱く二階堂の彼女、伊藤由奈に小西桜子といった顔ぶれ。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
美波が再び清一郎の家に現れ、あいこに対し「清一郎も特別な人だと気づいた。清一郎と青春をやり直したい。今だったらレンと3人で家族になれると思う」と語る。レンと親し気な美波の姿を見たあいこは、清一郎の家を出て行くと告げる。翌日美波はレンと買い物に行き自分が母親であることを明かし、清一郎の家で一緒に暮らさないかと提案するが、レンからあいこがいるからと断られる。


清一郎もまた美波に対する思いから“卒業”していた自分に気づき、あいこに自分の恋愛の「相手は君だ」と告白。動揺するあいこにキスする…というのが8話の展開。

視聴者からは「ピュアピュアな刈部さんがまさかいきなりキスなんて..」「勢いのままにキスしちゃうっていう不器用さが刈部さん」などの反応とともに「あれくらいの体格差が好き過ぎる」「レンアイ漫画家のキスシーンで身長差に目覚めたかもしれない」など、2人の“身長差キス”にときめいたという声も多数上がる。


「言葉にするの不器用なのに、あれ観たらギャップでドキドキ」「鈴木亮平さんの不器用さとセクシーさのギャップがすごい!!ギャップ萌え!!!」など、清一郎を演じる鈴木さんの演技の“ギャップ”にも視聴者の賞賛が。

一方、ラストでは清一郎の素顔がネットに投稿されることに。「刈部さんの正体ネットにあげたの誰ー!!気になる」「暴露したのはかまちょとカフェ男子どっちや」など、犯人の正体にも注目が集まっている模様だ。

(笠緒)

関連リンク

  • 5/28 7:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます