東出昌大、養育費「激安1万円」!!不法侵入に唐田未練会見…杏に犯した8つ大罪!

拡大画像を見る

 女優の杏(34)と俳優の東出昌大(33)が養育費を巡ってトラブルになっていると、5月27日発売の『女性セブン』(小学館)が報じ、大きな反響を呼んでいる。

 東出については、2020年1月の『週刊文春』(文藝春秋)に唐田えりか(23)との3年にわたる不倫が報じられ、同年8月には杏と東出は離婚。それから約10か月が経ち、夫婦はそれぞれの道を歩み始めている。

「しかし、東出が提示した養育費の金額が、なんと子ども1人につき月1万円だったというんです。2人は3人の子どもがいますから、月3万円。たしかに不倫が報じられ、東出への出演オファーは激減。CMの違約金も2億円に上るという報道もあります。

 それにしても、一般的なサラリーマンにしても、子ども1人つき月3~4万円が養育費の相場だと言われていますからね。杏も東出の仕事が厳しいことはわかっている。ただ、それにしてもあまりにも父親としての誠意が感じられない、と、1万円という提示に大きなショックを受けていると『女性セブン』では伝えています」(女性誌記者)

「この男は父として以前に人として終わってる」「なぜ養育費が1万とか3万などという金額になるのかわかりません。俳優業の仕事がなければアルバイトを探し働くとか、できるのではないでしょうか。考えが甘すぎやしませんか?」という厳しい声が、ネットにも多数上がっている。

■妊娠中&実母との“骨肉裁判中”の不倫

 唐田との不倫で失望し、離婚でも傷心し、ここにきて養育費の額でも杏は大きなショックを受けているのだろう。ただ、東出が犯してきた「大罪」は、今回だけに限らない。

「そもそも、杏の第3子妊娠中に唐田と計3年も不倫関係にあったわけですからね。妻の妊娠中に不倫が発覚したケースでは、高確率で離婚に至っているというデータもあるようです。また、杏が実母との“骨肉裁判”で切羽詰まっているときの不倫でもありましたね」(前出の女性誌記者)

 2020年4月の『週刊新潮』(新潮社)では、杏の個人事務所の代表取締役である実母が、娘の杏を訴えたと報じたのだ。

「訴訟が提起されたのは2017年のクリスマス。杏は2009年に節税目的で個人事務所を設立し、ギャラは彼女が所属している大手芸能事務所か個人事務所に入り、そこから“従業員”の杏に給与が支払われるという契約になっていたんです。ところが、2014年夏に杏は弁護士を立てて実母に“個人事務所を退職して事務所と直に契約する”と通告。調停で杏は、実母が無断で会社のお金を自身の借金返済に充てている、と主張したそうです」(前同)

 しかし、2014年に起こされた調停は不調に終わり、2017年末、今度は実母が訴訟に打って出たという。

「杏が裁判の中で、実母が“女性霊能者”に心酔していて、多額のコンサルタント料を支払っていたと主張すると、実母サイドは、杏が霊能者に恋愛や結婚、不倫問題についても相談していたとそれぞれ主張。実の母娘の争いは“骨肉裁判”に発展してしまいました。

 ただ、東出の離婚とほぼ同じタイミングで、裁判は和解という形で終結を迎えたようです。しかし、東出は妻の杏が実母と調停、裁判と向き合っていた時期にもかかわらず、唐田との関係を続けていたということになりますよね……」(同)

■思い出の地を“汚す”ゲス行為……

 杏には幼い頃、父・渡辺謙(61)の不倫で家庭がめちゃくちゃになった経験がある。

「杏は幼い頃には父親の不倫で、大人になってからは母親と裁判で争うことになってしまったわけです。東出は、そんな杏の心情を思いやることもできなかった、ということですよね。

 また、東出は、かつて杏や家族とも訪れたことがあるお好み焼き店に、唐田とともに足を運んでいましたよね。家族の思い出の店を、唐田との思い出で塗り替えたわけです。

 さらに昨年1月の『週刊文春』では、東出が学生時代、当時の恋人とディズニーシーの『海底2万マイル』で“行為”に及んだという友人の証言を掲載しています。2018年4月には、東出と杏が3人の子どもを連れてディズニーランドにいたという目撃談もあります。

 ディズニーシーは過去のことですが、お好み焼き店など、東出は杏や家族との思い出の場所を“汚して”いっている、杏の気持ちを考えていないのではないか、とも思えてしまいますよね」(女性誌ライター)

■別居中の自宅侵入で杏は離婚決意!?

 不倫報道から約2か月後の2020年3月、謝罪会見を行った東出は、「杏さんと唐田さんのどちらが好きか?」と聞かれた際に、「杏」と答えなかったことも大きく報じられた。

「会見時でも、まだ唐田に未練があるのではと言われましたよね。この会見を機に、杏は東出と離婚する決意を固めたという報道もあります。

 ただ、それ以前にも杏が離婚を決意するような出来事があったと、昨年4月のサンケイスポーツが報じています」(前出の女性誌ライター)

 2020年2月中旬、離婚が報じられ、別居中だった東出が、杏の不在中に自宅に“入り込んだ”というのだ。

「杏は驚いて、激しい口論に発展。東出は自宅の鍵を杏に渡し、家を出ることになったといいます。不倫が発覚し、東出は家から追い出されていた。この一件までは、テレビ電話で子どもたちの声を聞かせていたそうですが、何の連絡もなしに自分が留守中の家に入りこんでいた東出への不信感が募り、弁護士を立てることになった、とサンケイスポーツでは伝えています。

 昨年3月の『女性セブン』でも、同年2月中旬の深夜、杏や子どもたちが暮らす自宅周辺を、黒っぽいニット帽とメガネ、マスクを着用した東出が所在なさげに歩いていたと報じられていましたよね。

 不倫報道以前から、全く家事をせず、あまりにも亭主関白に振る舞うなど東出の行動には目に余るものがあり、さらに不倫報道後、そして今回の養育費の金額など、杏はこの1年5か月の間に何度も何度も東出に失望させられているのではないでしょうか」(前同)

 東出はさらなる罪を重ねるのか、それとも改心する日は来るのか――。

関連リンク

  • 5/28 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • ヤン中佐

    5/31 8:05

    フリンで乗り換えてまた別の女に……ってなりそ。そのうち刺されなきゃいいが┐(´~`;)┌

  • いち(

    5/31 7:13

    それ慰謝料。

  • グレイス

    5/30 19:00

    出すだけマシとか、杏さんの方が稼いでいるとかの話ではないんだけどなあ。まあ、その程度の誠意なんだろうね。杏さんも更に失望して承諾せざるを得ないだろうな。

記事の無断転載を禁じます