野村萬斎 コメント「控えたい」五輪開催へ複雑な胸中明かす

拡大画像を見る

 狂言師の野村萬斎(55)が27日、都内で能楽公演「東京オリンピック・パラリンピック能楽祭~喜びを明日へ~」の開催発表会見に出席した。

 当初、東京大会の開会式、閉会式の演出の統括を託されていた野村。五輪への思いについて問われると「式典だけで言えば、関わってきた方が大勢いるので、その方たちの努力が報われるのも内輪的には当然、あればいいなということはある」と話す一方で「緊急事態に関してはそんなことも言ってられないということもあるでしょう」と複雑な胸中を明かした。

 新型コロナウイルスの感染は収束せず、五輪開催には世論の逆風が吹いている。「開催の有無のコメントは私が申し上げる立場ではないので控えたい」とした野村。その上で「個人的に言えば、やはり自分が関わってきた部分が0ではない。それが残ったまま式典も開催される部分もあるので、いい形で開催されるなら、いい式典になればいいなと思う」と希望した。

 野村は東京大会の開閉会式の演出を託されていたが、昨年12月下旬に大会組織委は式典の簡素化を見据える中で、これまでの演出プランを白紙にすると決定。野村が統括を務める7人による演出チームを解散すると決めた。会見で野村は「苦渋の決断」と無念さをにじませていた。その後も演出チームについては、女性侮辱演出問題で統括役が辞任するなど、ゴタゴタが続いている。

 同公演は五輪期間中の7月27~29日、8月2、3日の5日間、パラリンピック期間中の8月27日、9月3日の2日間の計7日間、都内の国立能楽堂で開催予定。

関連リンク

  • 5/28 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます