麒麟・川島 研ナオコの顔パック写真でタグ大喜利 ダウンタウンも爆笑

拡大画像を見る

 麒麟・川島明が27日、読売テレビ・日本テレビ系で放送された「ダウンタウンDX」に出演。ネット上で反響を呼んでいる歌手・研ナオコのインスタグラムの写真で“タグ大喜利”を披露し、ダウンタウンらを爆笑させた。

 研は、すっぴんやメークして変化する“ビフォーアフター”写真や、すっぴん&寝起き半開き目で食事中の写真など、“ありのまま”の姿を公開し、ファンを楽しませている。

 中でも、4月29日に投稿したメイク前の顔パック写真は“衝撃ショット”として話題に。黒いスウェットで、顔にパックを貼った1枚。真顔の表情も相まって、一度見たら忘れられないインパクトを放ち、ネット上でも反響を呼んだ。

 自身のインスタでハッシュタグ(#)とともに写真で一言、を発信している川島は、この写真について、タグ大喜利を求められると、「正直、もうタグいらないんですけど」「もうピークやと思うんで」と写真の持つインパクトには叶わないとギブアップ気味。それでも「#口の中から歯科医をにらむ虫歯」「#生地の発酵に失敗した食パンマン」「#豪雨のため浜松で停車している700系新幹線」と説明。研をはじめスタジオの共演者は爆笑となった。

 松本人志が笑いながら「これは明らかに悪口」とツッコむと、川島は「悪口やないです、リスペクト」と訴えてさらに笑いが起こっていた。

関連リンク

  • 5/27 23:35
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます