高さ10メートルの電柱の上で助けを求める猫 救出のため地域は一時停電に(英)

拡大画像を見る

今回事件が発生したのは、英グロスターシャー州ストウ=オン=ザ=ウォルドという村で今月22日のことだった。

その日、同地域在住のベリティー・エドワーズ=フラハティさん(Verity Edwards-Flaherty、37)の愛猫“グリフィンドール(Gryffyndor、1)”がいつも置いてあるエサを全く食べていなかったという。行方不明になってしまったと思ったベリティーさんは、息子のコナー君(Connor、10)と一緒にグリフィンドールを捜していた。

そして午後8時半頃、コナー君が電柱の上でグリフィンドールの姿を見つけたとベリティーさんに報告した。この話を聞いたベリティーさんは「はしごを使って救出するしかないかな」と状況を軽く考えていたという。

だが問題の電柱を見に行くと、グリフィンドールは高さ10メートルもある電柱の一番上にいたのだ。

さすがに自分たちだけで救出するのは無理だと思ったベリティーさんが、近所に住む元消防士に相談すると、自分たちで救出するのは危険だとアドバイスされ消防隊に通報することにした。

グリフィンドールを発見してから約2時間後に消防隊が到着し、救出方法を模索した。猫が木など高い場所に登ってしまった場合、水の入ったスプレーを吹きかけて飛び降りてもらうという方法を用いることが多いそうだが、今回の場合は10メートルと相当な高さであったことや送電線の近くで金属製のはしごを使うなど様々な危険が想定されたため、この方法は不可能だった。

そして送電を止めてから救出するのが猫と消防隊員の双方にとって安全であると判断され、電力会社に連絡し、村半分に相当する約100軒の家への電気を止めてもらったという。

停電する前に各家庭へ一時的な停電を知らせた際には「多くの人が協力的な反応を見せてくれた」とベリティーさんは明かしている。

その後、送電の停止を確認して消防隊が電柱の上まではしごを使って登ると、グリフィンドールを無事にベリティーさんたちの元に届けることができた。その頃には午前0時を過ぎていたそうだ。

「コナーは不安症状を抱えていて、グリフィンドールはコナーの気持ちを落ち着かせる大切な存在です。時には学校に行くのに一緒に車に乗ることもあるくらいですよ。グリフィンドールが無事に帰ってきて、家族みんなでほっとしましたね。」

そのように明かすベリティーさんは「グリフィンドールは普段はあまり外に出ず、暖房の上で過ごすことが多いんです。これからもなるべく外には出さず、できるだけ暖房の上で過ごしてもらいたいですね」とも本音を漏らした。

画像は『BBC News 2021年5月25日付「Street’s power turned off for dramatic cat rescue」』『Verity Edwards-Flaherty 2021年5月23日付Facebook「Nothing like a bit of Saturday night drama with Connor’s cat stuck up an electricity pylon for 8 hours ! 」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/27 22:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • まる☆

    5/31 12:37

    なるべくじゃなく、大事なら外に出しちゃダメだよ。 5才の子供を監視なしで外に出すか?ということだよ

  • ここは英国の中でもハリー・ポッターがOKのところなのかしら?英・米では悪魔崇拝を推奨する作品として、場所によっては禁書扱いになっている場合が多いんだよねぇ。とりあえず、猫ちゃんが助かって良かった♪︎

  • あきひろ

    5/30 12:50

    猫が助かって良かった。

記事の無断転載を禁じます