ジャニーズWEST藤井流星、初ファスティングで3kg減 浜辺美波&池田エライザとの共演に「男1人だけで挟まれるの怖いよぉ」<映画 賭ケグルイ>

【モデルプレス=2021/05/27】27日、都内で行われた「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」(6月1日公開)の特別先行上映舞台挨拶に、主演を務めた女優の浜辺美波、共演の高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵、主題歌を担当したmiletとともに登壇。撮影エピソードを明かした。

◆藤井流星、浜辺美波&池田エライザとの共演に本音

河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガン JOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」。スピンオフも数多く発表され、シリーズ累計部数は620万部を突破し、2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が全国ロードショーされ、ヒットを記録した。

映画化第2弾となる本作は、生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリー。主人公・蛇喰夢子役の浜辺をはじめ、鈴井涼太役の高杉、早乙女芽亜里役の森川、生徒会長・桃喰綺羅莉役の池田が続投。また「賭ケグルイ」シリーズ史上、もっとも狂気に満ちたキャラクター視鬼神真玄役を藤井が演じる。

以前、行われた完成披露イベントでゲーム対決に負け、同イベントのMCを務めることになった藤井から、2度の公開延期を乗り越え、ついに公開を直前に控えての心境を尋ねられた浜辺は「最初に(ドラマを)やったときは、映画が続いて、また映画第2弾ができるとは思っていなかったので、続きができるというありがたみは常に感じています」と感謝。

「『賭ケグルイ』は人に恵まれているので、舞台挨拶やイベントをやってもすごく楽しくて、プロモーションもすごく楽しいので、元気をもらえている作品です。私自身、今とっても楽しんでいますし、名司会も含め、このあとも楽しいことがあるんだろうなと楽しみにしています」と声を弾ませた。

また、ラストバトルに参加しての感想を聞かれた池田は「今まで賭場に降りてくることがなかったので、噂に聞いていたんですけど、光る机の反射があまり盛れないって聞いていたので、覚悟して行ったんですよ。あれはなかなか強者だね。怪談話で下から懐中電灯を当てる感覚」と苦笑すると、浜辺は「本当に!」と共感し、「彫りが濃くて、涙袋がすごいある人だと、(影ができて)良くないの。でも監督はあれば気に入っているんだよね」と眉を潜めた。

続けて、池田は「でも“『賭ケグルイ』きたなー”って感じました。やっぱり映画って、完成してから“こういうシーンになっているんだ”って思うことが結構あるじゃないですか。でも現場のまんまで、熱量とかそのまま映っていて、ファンとしては感動いたしました」と目を輝かせた。

そんなラストバトルシーンで、浜辺&池田と共演した藤井は「怖かった…」と吐露し、高杉も「会長を目の前にすると圧倒される」と共感すると、藤井は「僕は(浜辺と池田の)間に挟まれていたんですけど、男1人だけで挟まれるの怖いよぉ…。(撮影の)合間もずっと女子トークしていて、会話に入れない怖さもありました」と回顧。その際、浜辺が男性目線の意見も聞いてくる一幕もあり、思った答えと違うと「えー!」と反感をかっていたそうで、藤井は「あのシーンは裏も緊迫していました」と打ち明けて笑いを誘った。

◆藤井流星、初ファスティングで3kg減

トークの順番が回ってきた藤井が、カメラの向こうにいる観客に「見えていますか?」と何度も投げかけて、その度にマイクをカメラに向けると、浜辺はツボにハマって爆笑。

そして、視鬼神真玄役を演じる上でどんな役作りをしたか尋ねられると「まず容姿からですね。監督と話し合いまして、もともと金髪ロングだったんですけど、銀髪にしようってなって、痩せたほうが怖いと思って、初めてファスティングをしたんです」と告白。

「知らなかったです」と驚く浜辺を横目に、藤井は「キツかったー。回復期も合わせて12日くらいやって、もともとあまり太ってなかったのもあって落ちたのは3kgくらいでしたね」とコメントし、「最後がすごいんですよ。これはあまり話さないほうがいいんですけど、スッキリ大根を食べたあとの腸の状態がすごいんです」と語った。

◆浜辺美波の体操着姿

また、本作でたぎったシーンを聞かれると、藤井は「夢子が広大な土地で、(アングルが)引きで、転ぶシーンですかね」と答えると、森川は「あれはいいよね!ずっと引きなのがいいんだよ。やっぱ監督は分かっているんだよ」と共感したが、当の浜辺は「私が1番、監督に遊ばれましたね。わざわざ栃木に行って、あのワンカットだけ撮って、正面も撮ったと思うんですけどそれは使われず、ギリギリまで監督に『夢子の体操着っていりますか?』言っていたんです」と口を尖らせ不満げな様子。

これに森川が「でも、最近気に入っているようで、SNSとかに自分で載っけてるよね」と突っ込むと、浜辺は「まあ、ちょっと悪くなかったかな(笑)」と照れ笑いを浮かべ、藤井は「強い夢子ばかり見ているから、運動神経がなさそうなレアな夢子が見られたということで、僕はたぎりました」と満足げな表情を浮かべた。

その後、スタッフから“巻き”のカンペを出されて、大慌てする一幕もあった藤井は、最後に、この日のMCぶりを共演者に求めると、浜辺は「ちなみに高得点を出したら、次の舞台挨拶でもMCやってくれるのかな」と小声で言った後、「100点でお願いします!次回もぜひ」とお願い。

そして中継が切れるまで、残り1分となった時点で締めの言葉を頼まれた浜辺は「こういう状況なので、6月1日どうなのかなと思っている方もいらっしゃると思うんですけど、6月1日に公開できたら、私が10回ジャンプをする動画を上げたいと思っております!公開できたらジャンプします」と公約した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 5/27 22:19
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます