ラッセル・クロウ「絶対に出ない」から出演に至った理由とは?『アオラレ』インタビュー映像

拡大画像を見る

あおり運転の恐ろしさを描くラッセル・クロウ主演映画『アオラレ』。この度、本作でキャリア史上一番の難役に挑んだラッセルのスペシャルインタビュー映像が公開された。



『インサイダー』、『グラディエーター』、『ビューティフル・マインド』、『レ・ミゼラブル』など、これまで数多くの名作に出演し、その度に映画史に名を残してきた名優ラッセル。本作では、謎の“男”を演じている。


到着した映像では、脚本を初めて読んだ際に「この映画には絶対に出ないぞ」と思ったという衝撃の告白から始まる。しかし、「演じられる気がしないほど大変な役を求める」というラッセルは、これまでをふり返り、見方を変えたことで今回の出演に至ったという。

また演じた男について「今まで体験したことがない挑戦」「ユーモアも使えないし、自分の人間らしさも使えない。こういう人物を演じるには、そういう自分の側面をすべて排除しなければならなかったんだ」と明かす。

ほかにも映像では、本作の根底にあるテーマの普遍性や、演じた男の設定、心理状態について語っており、「この映画で起きることはすべて理不尽だ」「論理的なことなど何一つもない」と本作についても話している。


『アオラレ』は5月28日(金)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)


■関連作品:
アオラレ 2020年5月28日より全国にて公開
©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

関連リンク

  • 5/27 21:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます