深田恭子、「適応障害」での休業発表に「やせ方が心配だった」

拡大画像を見る

 5月26日に「適応障害」で休養することが発表された深田恭子。所属するホリプロによれば、昨年の春頃から体調を崩しがちとなり、今月に入って「適応障害」と診断されたとのこと。予定されていた7月期放送のフジテレビ系連続ドラマは降板。当面の間は仕事を休み、治療を優先するという。

 ネット上では「痩せ方が心配だった。もしかして病んでるかもと思ってたら予想が当たっちゃった。ゆっくり休んでね」「スマホゲームのイベントでボディコン着てた時にめっちゃやせてたから、すっごいダイエットしたんだと思ってた。具合が悪くて痩せちゃってたのかな」「最近やせたのはご飯を食べられなかったからなのかも」「深キョンにはポワ~ンとぷにぷにしててほしい。待ってるよ」など、気遣う声が相次いでいる。

「しかしその一方で、5月24日に開催された『午後の紅茶』のイベントでの深田を見た人からは『この日、すでに呂律が回っていなかったし、目も虚ろだった』『声がかすれててしゃべりにくそうだった』『やせたというよりやつれた印象で心配になった』という指摘があったため、『適応障害』の発表があって納得した人も少なくなかったようです」(女性誌記者)

 深田には何も考えずにゆっくり身体を休めてほしい。

関連リンク

  • 5/27 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます