【目黒記念 血統データ分析】ディープインパクトは人気薄のヒモ荒れ傾向

拡大画像を見る

 30日に東京競馬場で行われる目黒記念(4歳上・GII・ハンデ・芝2500m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる7回の馬券絡みがディープインパクト。次点で4回のキングカメハメハ、ステイゴールドが続き、3回がゼンノロブロイとなっている。

 ディープインパクト産駒は[1-3-3-14]。同産駒が出走した8年のうち好走馬を送り出さなかった年は2013年と2018年の2回。優勝例こそ12年スマートロビンに限られるが、17年ハッピーモーメント(13人気3着)、19年ソールインパクト(9人気3着)といった伏兵の台頭も少なくない。今年はアイスバブル、サトノルークスの2頭が出走を予定している。

 キングカメハメハ産駒は[2-0-2-11]。データ集計期間内では、マヤノトップガン、ステイゴールドと並び最多タイとなる2勝。また、単勝回収率、複勝回収率ともにプラス収支を記録しているが、これは主に15年11人気1着、16年8人気3着と2年連続で波乱の立役者となったヒットザターゲットに起因する。今年はダンスディライト、ヒートオンビートの2頭が該当。

 ルーラーシップ産駒は[0-0-0-3]。出走した3頭のうち2頭は7人気以下の人気薄で、残る1頭の19年ムイトオブリガードは2人気5着。今年は上位人気と目されるグロンディオーズほか、ムイトオブリガードが出走を予定しており、改めて種牡馬としての真価を問われそうだ。

 ゼンノロブロイ産駒は[0-2-1-11]。好走例は11年2着ハートビートソング、12年3着コスモロビン、13年2着ルルーシュの3頭。久しく産駒の出走例自体なかったが、4年ぶりの出走となった昨年はメートルダールが15人気7着と人気以上に健闘していた。今年はサンアップルトンが該当する。

関連リンク

  • 5/27 16:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます