U-24日本代表、北中米2位通過ホンジュラスとの対戦が決定…五輪直前の貴重な強化試合

拡大画像を見る

 JFA(日本サッカー協会)は27日、東京オリンピックに向けた強化試合として「キリンチャレンジカップ2021」U-24日本代表対U-24ホンジュラス代表の開催を発表した。同試合は7月12日(月)19:30キックオフ予定で、会場は『ヨドコウ桜スタジアム』、その模様はTBS系列で全国生中継される。

 今月6日の記者会見にて、JFAの反町康治技術委員長は6月中の五輪代表メンバー選出を示唆しており、同試合はオリンピックに向けた正式なチームでの初戦となることが予想されている。対戦相手となるホンジュラスは北中米カリブ海サッカー連盟予選をメキシコに次ぐ2位で突破しており、4大会連続5回目のオリンピック出場権を獲得。U-24世代の日本代表としては今回で初対戦となり、東京オリンピック本大会ではグループBに振り分けられた(日本はグループA)。

 なお、U-24日本代表はU-24ホンジュラス戦後、7月17日には「キリンチャレンジカップ2021」としてU-24スペイン代表(ノエビアスタジアム神戸)と対戦予定。その後22日から開幕するオリンピック本大会へと臨む。

関連リンク

  • 5/27 16:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます