ドン・ファン妻、須藤被告の探偵への依頼に坂上忍が混乱 薬丸は「ドラマのような展開」

拡大画像を見る

 フジテレビ系「バイキングMORE」が27日、「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(当時77)が2018年5月に急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、19日に殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の罪で起訴された元妻の須藤早貴被告(25)が18年10月にインターネットで検索した探偵に「真犯人を捕まえてほしい」などと依頼していたことを伝え、MCの俳優・坂上忍は「これはどう見たらいいんですか?」と混乱を見せた。

 須藤被告から依頼を受けた、社団法人探偵協会代表理事・戸塚敦士氏が番組の取材に答え「万が一、殺人犯がいるのであれば会社関係者の可能性が高いので突き止めて」と頼まれたと発言。また、同被告に何度も野崎さんの殺害や覚醒剤の使用を確認したといい「本当に分からない、知らない」と全否定し、「覚醒剤とかやったことありません」と怒ったことも明かした。

 臨床心理士・藤井靖氏は「とにかく自分は殺してないんだと体裁を保ちたい。それを自分だけではなくて、探偵さんと一緒に共有をした上で、そういう自分であることを他の人も認めてくれるという状態でこれからいきたいということ」と分析。

 元埼玉県警捜査1課・佐々木成三氏は「もしやってないのであれば、自分で積極的に警察に供述すれば自分を守れるはず。やってないのであれば、それに対する合理的な説明を警察にするべき。そこができないから、探偵なり第三者にお願いをしたことは考えられるのかなと思います」と厳しく指摘した。

 タレント・薬丸裕英は「ここで探偵さんが登場して、何かホント推理小説とかドラマのような展開になってきたから…彼女が犯人なのか犯人じゃないのかまだわからないですけど、ここで探偵さんがこんなに話しちゃっていいのかなって僕は思っちゃった」と率直に話した。

関連リンク

  • 5/27 14:42
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 元捜査官の発言は、当たり前に聞こえるけどその思い込みが強いと怖い※、「本当にやってなくても、誰もが合理的に説明出来るほど現実は単純じゃないよね!、上手く説明するのが苦手な人もあるし!、記憶が曖昧や、誤解される行動が1つも無いとも限らない※」、警察はそこを疑いの目で!強い口調で問い詰めて自白を強要するやり方をやって来たのも多いはず!※、だから取り調べの可視化は必須で、弁護士も必須※、冤罪は当局の犯罪

記事の無断転載を禁じます