松坂桃李“桃地”、三浦翔平“高見沢”にライバル宣言!

拡大画像を見る

松坂桃李が主演を務めるドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の第5話が、5月28日に放送される。

壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)はある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会いお近づきになり、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)だった。大石静脚本で描かれる衝撃の“入れ替わり”ラブコメディ。

前回放送された第4話では、桃地とオジ巴(井浦)のデートシーンでのイチャイチャぶりにインターネット上で反響が。「なんつー不器用なバックハグなんや」「不覚にも少しキュンした」「一瞬タックルみたいにみえたw」「ちょこちょこ走って行ってからの強めのバックハグかわいいw」との声があった。

<第5話あらすじ>
オジ巴(井浦)が“唯月巴(麻生)=蟹釜ジョー”であるという事実に、ついに気づいた高見沢春斗(三浦翔平)。そのまま熱烈にオジ巴を連れ去ってしまい、ひとりアパートに取り残された桃地のぞむ(松坂)は、ぼう然とする。巴と高見沢が元夫婦だったこと、しかもお互い嫌いになって別れたわけではないこと……もわかってしまい、桃地は初めて、自分の心の中に“もんもん”とした感情を覚える。

翌日、高見沢は“蟹釜ジョーが生きている”と世の中に公表すべきだと息巻くが、「週刊少年マキシマム」の編集長・生馬忠士(角田貴志)らは全く信じようとしない。さらに、高見沢の熱烈な愛はとどまることを知らず、ついには休日にはオジ巴を“復縁デート”に誘いだし……?

一方、「スーパーゆめはな」でも、オジ巴と高見沢のことが気になり、奇怪な行動を繰り返してしまう桃地。常軌を逸した桃地の様子を心配した、郷田ひと子(猫背椿)ら仲間たちに、その気持ちは“嫉妬”だと指摘され、“本気で好きなら諦めるな”と背中を押された桃地は、なんと高見沢に堂々とライバル宣言。

「もともと俺の妻だった。これ以上、巴に近づくな」
「イヤです。いまは……僕のものです!」

ついに、オジ巴を巡り、地獄の三角関係バトルが幕を開ける。

人生初めての“やきもち”に、戸惑い、翻弄される桃地。元夫でもある高見沢は、強敵として立ちはだかり、ついにはフラダンス対決にまで発展!? ありのままの君でいい、それなのに――。

果たして、恋の三角関係の行方は……!

関連リンク

  • 5/27 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます