深田恭子「適応障害」緊急活動休止…「7月木10」未だ代役白紙!フジ大混乱中!!

拡大画像を見る

 女優の深田恭子(38)が適応障害と診断され、当面の活動を休止することを5月26日、所属事務所が発表した。

 事務所の発表によると、深田は2020年春頃から体調を崩しがちとなり、今月に入って医師から適応障害だと診断されたという。

 7月クールに出演予定だったフジテレビのドラマは降板。撮影中だった映画は深田の体調不良も考慮し、撮影延期になったと報じられている。

 5月27日の『スポニチアネックス』では、深田は今月中旬、映画の撮影を終えた直後に倒れ、搬送されて点滴治療を受けたと報じている。

 所属事務所はマスコミ各社にファックスを送付しており、「当面の間治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます」「私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます」としている。

「短いながらも、事務所のリリースからも悲痛な様子、深田さんの状況はあまりよくないのかな、ということが伝わってきますよね。5月24日に出演したイベントでも、深田さんの頬がこけていることや、目が虚ろな様子が指摘されていました」(ワイドショー関係者)

■現在進行形で代役探しの緊急事態

 深田は7月クール、フジテレビ木曜22時の「木曜劇場」枠のドラマで主演を務めるはずだった。

「このドラマを降板することになります。主演は深田さん、相手役には人気急上昇中のイケメン俳優・渡邊圭祐さん(27)がキャスティングされていたそうです」(ドラマ制作会社関係者)

 渡邊といえば、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で注目を集め、現在は石原さとみ(32と綾野剛(39)がダブル主演を務めるドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)にも出演中の人気若手俳優だ。

「さらにベテランの船越英一郎さん(60)も出演予定だと聞いています。ドラマは、深田さん演じる恋愛経験に乏しいアプリゲーム会社の社長と、渡邊さん演じる田舎から出てきた貧乏な青年と恋に落ちる、というようなストーリーだといいます。

 ただ、深田さんの降板は本当に急きょ決まったようで、ドラマ関係者にも今週に入ってから伝えられたそうです。いまだ代役は決まっておらず、現在進行形で探しているところ。しかし、すでに5月末になっていますが、放送は7月から。撮影も進んでおらず、主演も決まっていない。

 当然、他の出演者のスケジュールもある。フジテレビにしてみたら、今の状況は相当な緊急事態と言えるでしょうね……」(前同)

■『劇場版 ルパンの娘』の宣伝にも大きな影響……

 前出の制作会社関係者は続ける。

「7月クールのドラマは“深田さんの魅力ありき”の作品だといいますね。2019年1月クールの『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)のような、練り込まれたストーリーというよりは、深田さんの魅力を全面に押し出して、彼女のかわいらしさ、魅力を楽しむ“ザ・深キョンドラマ”だと言われています。

 台本も、最初から深田さんを想定した“当て書き”でしょう。深田さんありきで企画されたドラマですから、代役を立てるとなっても、かなり難しいのではないでしょうか」

 5月26日の日刊スポーツは、深田の主演映画『劇場版 ルパンの娘』の公開日が、当初の発表通り10月15日になると報じている。

「深田さんは9月まで休むとも報じられており、彼女の体調次第でしょうが、『劇場版 ルパンの娘』の宣伝にも問題が出てくるかもしれませんね。公開まではまだ4か月弱あるので、深田さんが回復することを願うしかありませんが、映画の宣伝でも深田さんが稼働できない可能性もあります。

 主演女優が稼働できないとなると、映画の動員にも大きな影響が出てくるでしょうね。7月クールのドラマもそうですが、『劇場版 ルパンの娘』の宣伝についてもフジテレビ局内には動揺が走っているのは間違いないでしょうね」(前同)

 人気女優の深田だけに、急な降板は影響が大きい。しかし、作品よりも深田の体調が優先されるのは当然だ。深田には十分に休養をとってもらい、また輝く笑顔を見せてほしい!

関連リンク

  • 5/27 11:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます