歌舞伎俳優の片岡秀太郎さん死去 79歳、慢性閉塞性肺疾患 片岡愛之助の養父

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優で人間国宝の二代目片岡秀太郎(かたおか・ひでたろう、本名・片岡彦人=かたおか・よしひと)さんが23日、慢性閉塞性肺疾患により大阪府吹田市内の自宅で死去した。79歳。27日、松竹が発表した。すでに家族葬が執り行われたという。

 大阪府吹田市出身の秀太郎さんは十三代目片岡仁左衛門の次男。1946年10月、片岡彦人の名で南座「吉田屋」の禿で初舞台。56年3月、大坂・歌舞伎座「河内山」の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名した。

 関西に居を構え、上方らしいはんなりとした芝居を継承する女方として長年舞台に立ち、上方歌舞伎の振興に力を注いだ。「恋飛脚大和往来」の梅川、おえんといった上方の情緒が不可欠な役に秀で、近年では「菅原伝授手習鑑 道明寺」の菅丞相伯母覚寿、「盛綱陣屋」の微妙など時代物の老女の大役で風格を示した。昨年12月の南座「一谷嫩軍記 熊谷陣屋」の経盛室藤の方が最後の舞台となった。

 2019年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、今年4月に旭日小綬章を受章した。

 歌舞伎俳優・片岡愛之助(49)の養父。

関連リンク

  • 5/27 10:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます