紳士だね…!モテ男はやっている「女性への気遣い」4つ

女性への気遣いは、やればやるほど男のモテ度が上がります。
しかし、やりすぎたり変な方向に走ってしまうと、逆に印象が悪くなりがちです。

今回は、モテ男になりたい人におすすめする女性への気遣いを4つご紹介します!

(1)道路側に立つ



2人で街中を歩いている時、意識的に道路側に立って歩ける男性は気遣いができる印象です。
車の通りが多い道では危険な目に遭わないように、雨の日は車が水たまりを踏んで汚れる可能性があります。

少しでも女性側のリスクを減らす行動ができる男性は、間違いなく女性にモテますよ!

(2)エレベーターやエスカレーターは先に案内する



エレベーターやエスカレーターは、なるべく女性を先に案内するのがおすすめ。
レディーファーストをアピールできるだけではなく、一歩引いた大人な対応ができるからです。

女性側も、我先にガツガツ行く男性より一歩引いた大人な対応ができる男性のほうが魅力的に感じます。

(3)ヒール靴なら階段をなるべく使わない



女性がヒールのある靴を履いている場合、階段が多いルートはなるべく使わないのがマストです。
女性側の負担が大きく歩くスピードに差が出てしまうので、お互いが変に気を遣う結果になってしまいます。

なるべくエスカレーターやエレベーターを使って、女性の負担を減らすように心がけましょう。

(4)奢る時は相手が気付かないくらい素早く支払いをする



女性と食事に行った時、気合いを入れて奢ろうとする男性が多いでしょう。
しかし、これ見よがしに「奢ってやるぜ!」とアピールされると、女性は引いてしまいます。

また、お会計時に奢るつもりだったのに女性から割り勘を提案されると、「脈ナシなのかな……」と落ち込みがちです。
そうならないために、相手が財布を取り出す前にさっさとお会計を終わらせるスマートさを身に付けましょう。


女性への気遣いは、一歩間違えばセクハラ扱いされます。
そうならないためにも、節度を持ったジェントルマンを演じましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/27 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます