夫婦生活が充実?テレ朝・森川夕貴の「Dバスト」がさらに「重量感」アップ!

拡大画像を見る

「報道ステーション」(テレビ朝日系)でメインキャスターを務める森川夕貴アナのバストが、大変なことになっている。

「5月20日での放送で森川アナは、白地に紺のストライプが入った半袖ブラウスで登場。下はデニムのスカートだったのですが、腰がキュッと絞れたタイプであったことから上半身のボディラインが強調され、当然のことながらバストもバーンと突き出ることに。もともと推定Dカップの豊かな胸で有名な彼女ですが、一回り大きくなったように見えました。テーブルに乗り出してニュースを説明する際は“乗せバスト”状態となり、明らかに重量感もアップしたのではないでしょうか」(女子アナウオッチャー)

 翌日の「報ステ」では白のワンピースで登場した森川アナが、モニターでのニュース解説を立った状態で屈みつつ行ったところ、前ボタンが浮いて胸の奥が見えそうになり、視聴者は興奮。ネット上では〈森川アナのさらに大きくなったバストがヤバい!〉〈もう少しで見えそうだったのに…それにしてもボリューム感がハンパない〉などといった声であふれたのだ。

「森川アナは4月12日、5月中に一般男性と結婚することを発表しましたが、そんな私生活の充実ぶりが、張り裂けんばかりのバストの膨らみに出ているのかもしれません。結婚を発表しても森川アナの人気度は高く、現在『報ステ』では木・金曜日のみの担当ですが、《他の曜日も森川アナメインでいいだろ》の指摘もあるほど。今後もますます進化しそうなバストで、男性視聴者の下半身を鷲掴みにしそうですね」(前出・女子アナウオッチャー)

 それにしても、そんな森川アナをものにした結婚相手がうらやましい限りである。

関連リンク

  • 5/27 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます