友人と野外で遊ぶとき、「女性らしさ」を感じてもらう行動8パターン

ときには、仲間内で外で遊んだりスポーツをする機会もあります。男性も集まる場で、「さりげなく女子力をアピールできたらいいなぁ」と思っている人もいるのではないでしょうか。そこで、今回は『オトメスゴレン』読者の女性の声を参考に、「友人と野外で遊ぶとき、『女性らしさ』を感じてもらう行動」を紹介します。

【1】「○○君って、足速いね!」など、男性の運動神経を褒める。
気になる男性を褒めることで、意識してもらおうとしている女性は多いようです。また、「運動神経を褒めるって、男らしさを褒めることでもあると思う」(10代女性)というように、「男らしさ」を褒めることで、女性らしさアピールにつなげられるといえそうです。

【2】男性の手が汚れたときなどに、素早くウェットティッシュを手渡す。
「男の子は持ってないと思うし、『気が利く子だ』って男の子からのポイントが高いはず!」(20代女性)など、女子力アップアイテムとして、ウェットティッシュを常備している女性も多いようです。いざというときに、すぐに取り出せるようにしておくといいでしょう。

【3】長い髪を、慣れた手つきで手際良くアップにまとめる。
「髪は女の武器だし、うなじでちょっと色っぽさアピールもできちゃう」(10代女性)という意見から、結ぶしぐさやうなじを見せることで、色っぽさを演出する効果を狙っている女性もいます。髪が長い人は、あえて結ばずに行き、遊び始めてから結ぶといいかもしれません。

【4】スポーツやゲームの応援役として参加し、場を盛り上げる。
「楽しむことが大事だし、女の子に応援されたら男子はうれしいはず」(20代女性)というように、明るく元気に声援を送ることで、男性に意識してもらう効果が期待できそうです。体を動かすことが苦手であれば、応援側に回るのも一つの手かもしれません。

【5】みんなが遊んでいる間に、ゴミをまとめるなどの片付けをしておく。
「片付けをしておいたら、『気が利くな』って思ってもらえそう」(20代女性)など、さりげない気配りが垣間見える行為で、控えめながら気が利く部分をアピールしている女性もいるようです。ただし、嫌々やっているという表情をしないように注意しましょう。

【6】「のど渇かない?」と、ジュースなどの買い出しを申し出る。
買い出しについては、「みんながやりたくないことを引き受けてくれるって、私がされたらうれしいから」(20代女性)という意見がありました。買い出しなど、負担が大きな役割を担うことで、女性らしい気遣いを感じさせる効果が期待できる行動といえそうです。

【7】「疲れちゃったなぁ」と言いながら、男性の肩に寄りかかる。
「肩を借りて寄りかかれば、ドキッとしてもらえると思う」(20代女性)などの意見から、寄りかかるという軽いスキンシップで、男性に女性らしさを意識してもらう方法といえそうです。気になる男性がいたら、隣をキープし、肩を借りてみるといいかもしれません。

【8】帰り道で、「私も荷物持とうか?」と男性に聞く。
「何げない一言だけど、『気遣いができる子なんだ』って思ってもらえるはず」(20代女性)というように、この一言で、気になる男性にさりげなく気遣いをアピールしている女性もいます。帰り際で、男性も疲れているときだからこそ、有効な一言といえるでしょう。

ほかに、「友人と野外で遊ぶとき、『女性らしさ』を感じてもらう行動」にはどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/27 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます