関ジャニ大倉忠義は限界!!「恐怖のGPS尾行」に弁護士「ストーカー規制法違反」!

拡大画像を見る

「最近疑問なのよ。稽古場にわざわざ出向いてくださっているルールの守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら」「ストレス増幅罪 親の顔が見てみたい罪 人の忠告聞かない罪」「皆んなどう思う? アイドルが平穏に暮らせる世界ってあってもいいと思わないかい?」

 5月10日、関ジャニ∞の大倉忠義(35)が「Johnny‘s web」内のブログを更新。一部ファンの行動に苦言を呈し、波紋を広げている。

「現在、大倉は6月上演の舞台に向けて稽古の真っただ中です。ただ、稽古場まで押しかけるマナー違反のファンがいると、ブログで言及したんです。こういった悪質なジャニーズファンは“ヤラカシ”と呼ばれています。

“ヤラカシ”は、関係者しか知りえないスケジュールを入手してタレントの居場所を割り出し、待ちぶせしたりする。執拗で行き過ぎた行動に、タレントもジャニーズ事務所関係者も苦慮しています」(芸能プロ関係者)

 大倉は、以前から一部の過激なファンによる悪質なストーカー被害を訴えてきた。2018年11月にもブログで「身勝手な行動が精神的に辛いです」「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」(原文ママ)とつづっている。

 また、2020年1月のブログでも「色々と写真を載せたい気持ちはあるけれど、食べ物の写真などでお店が特定されたり場所を特定されたりなどすると、どんな変な方が来るかわからないのが怖い。だから載せられない」という文章とともに、ハッシュタグ「#状況は一切変わってない」とつづっていた。

■関ジャニ&ヘイセイの送迎車にGPS機器……

「ジャニーズタレントが、ブログでここまで訴えるのは今までなかったこと。それほど大倉は“ヤラカシ”の行いに苦しんでいて、限界に達していたということだと思います。大倉についてはストーカー行為に苦慮し、ジャニーズ事務所を退所するのではないかという報道もありました。

 また、5月14日発売の『FRIDAY』(講談社)では、ジャニーズタレントのSNSアカウントが悪質なハッカーに狙われており、数十万円で売買されていることを報じています。Hey!Say!JUMPの山田涼介(28)のアカウントに、最も高値がつくという話も聞こえてきていますね」(前出の芸能プロ関係者)

 そんな中、5月25日発売の『女性自身』(光文社)が、ジャニーズ事務所のタレント送迎車にGPS機器が取りつけられていたと、衝撃的な内容を報じたのだ。

 記事によると、送迎車から発見されたのは“車両取付け型GPS”というもので、離れた場所からでも車の位置をリアルタイムで追跡することができる装置だという。

「磁石で車体の下に取りつけることができるもので、マネージャーたちも気づけなかったといいます。しかし、駐車場にプラスチックの物体が落ちていて、念のため調べて見たところ、GPSだということが明らかになったようです。

 それを受けて、他の送迎車も点検に出したところ、関ジャニメンバーとHey!Say!JUMPメンバーの送迎車からGPSが発見されたというから驚きです。大倉につきまとうヤラカシや、山田のSNSアカウントを狙うような悪質ファンが、もしかしたらこのGPSの位置情報をもとに、つきまとい行為をしていた可能性もゼロではないでしょうね……」(前同)

■改正ストーカー規制法で警察も動きやすく

 5月18日、改正ストーカー規制法が衆議院本会議で可決、成立した。改正法では、相手の承諾なく車などに無断でGPS機器を取りつける行為やスマホのアプリなどを通して、位置情報を取得する行為も規制の対象となった。

 改正法は8月にも全面的に施行されるというが、これにより具体的にどのような変化があるのだろうか。「弁護士法人 天音総合法律事務所」の正木絢生代表弁護士に話を聞いた。

「今までは、GPSを使った監視はストーカー規制法の対象外でしたが、今回の法改正でGPSでの監視も規制の対象になりました。

 従来、GPSの設置は犯罪ではなかったので、GPS設置の際に、建造物侵入等の別の罪を犯していないと、警察も捜査することができなかったのですが、今回の改正でGPSの設置自体が違法になり得るようになったので、今までより警察も捜査しやすくなるはずです」(正木代表弁護士、以下同)

■“ヤラカシ”の行動は制限できるのか、弁護士の見解は?

 今回の改正で、規制法の対象となる行為の範囲が広がったということだろう。ジャニーズの“ヤラカシ”がやっていた、送迎車へのGPS設置もその1つだろう。

 正木代表弁護士はこう続ける。

「GPSの設置とは離れますが、今までは住居・勤務先、学校その他、通常所在する場所以外についての見張りは、ストーカー規制法の対象外だったのですが、“現に所在する場所”の見張りも規制の対象になったので、悪質なアイドルの出待ち等へ対応としては、こちらの規制のほうが効くかもしれません」

 タレントが公演を行う舞台、レッスン場などを見張ることも、規制の対象になるということだろう。

 ストーカー行為をした者は1年以下の懲役または100万円以下の罰金、禁止命令等に違反してストーカー行為をした者は2年以下の懲役または200万円以下の罰金、禁止命令等に違反した者は6か月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることになるという。

「なお、民事的には当然違法なプライバシー侵害として不法行為に該当することになります」

 つまり、ストーカー行為と認定されれば、刑事でも民事でも罰せられるのだ。今回の改正法で、少しでも大倉をはじめとする、ジャニーズタレントの苦痛が減ることを願いたい。

関連リンク

  • 5/27 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます