生後5か月から透析療法を受ける息子 「普通の生活を送ってほしい」と父親が腎臓ドナーに(英)

拡大画像を見る

英ウェスト・ミッドランズのバーミンガム市にある病院「Queen Elizabeth Hospital」にて先月29日、1人の男性から摘出された腎臓が同市内にある小児病院「Birmingham Children’s Hospital」で臓器提供を待ち望んでいたオリバー・ケイトリー君(Oliver Keitley、4)のもとへ届けられた。

今回腎臓を提供したのは、オリバー君の父親であるジョン・ケイトリーさん(John Keitley、29)だった。

オリバー君は生まれてすぐに慢性腎炎と診断され、生後5か月から命を繋ぐために透析療法を開始した。毎週行っている透析には時間がかかるので、オリバー君はこれまで多くの時間を病院で過ごしてきたという。

遊びたい盛りの年齢となったオリバー君は、他の子たちの様子を見て「僕もトランポリンで遊びたい」と切望したが、鼻から通しているチューブのせいでその願いはなかなか叶わなかった。

「遊べない理由を我が子に納得してもらうのは大変だった」と明かすジョンさんと母親のキャット・テイラーさん(Cat Taylor、28)は、この状況をなんとか打開したいと模索したという。そしてジョンさんは、自身の腎臓をオリバー君に提供することを決意した。

腎臓を摘出したジョンさんは5日間入院、その後6週間自宅療養となり、1人でジョンさんとオリバー君の世話をするキャットさんにも負担がかかったという。

それでも「息子に普通の人生を歩んでほしい」と願ったジョンさんは「摘出する時はとても緊張しましたが、臓器提供を決断して本当に良かったと思います」と明かし、提供当時4歳になる直前だったというオリバー君への誕生日プレゼントになったと喜んだ。

キャットさんは「ジョンは正真正銘オリバーのヒーローとなりました。オリバーはプールで泳いだり、トランポリンで遊ぶという夢を叶えることができますし、毎週の透析に通う必要もなくなったのです。本当に2人を誇りに思います」と話す。

続けて「ようやくオリバーのチューブが取れた時には、頑張った証として大好きな恐竜のおもちゃを買ってあげました」とオリバー君を褒め称えた。

今後、オリバー君は拒絶反応を抑えるための免疫抑制剤を飲み続けなければならないが、毎週行っていたという透析からは解放された。

キャットさんは、以下のように語り笑顔を見せている。

「オリバーが今ここにいることは、奇跡に近いのです。生まれた時から肺にも問題があり、体重は8ポンド(約3.6キロ)でしたが、そのほとんどが水分で身体はむくんでいました。オリバーを産んでから12日間は胸に抱くこともできませんでしたが、初めて抱いた時は本当に素晴らしい気持ちでした。」

「それからすぐにボカウイルスというものに感染してしまい『命を落とす可能性もあるので覚悟してください』と医者に言われたこともありましたが、オリバーは見事にそれを乗り越えたのです。」

「オリバーはたくさんの辛い経験をしてきましたが、それが私たち一家の絆を強くしてくれました。みんなで家に帰ることができて喜びでいっぱいです。」

画像は『The Sun 2021年5月25日付「KID AROUND Dad becomes ‘real-life superhero’ by donating son, four, a kidney」(Credit: Caters)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/27 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます