インテル、コンテ監督の退任を発表…11年ぶりのセリエA制覇に導くも契約解除で合意

拡大画像を見る

 インテルは26日、アントニオ・コンテ監督との契約を双方合意のもとで解除したことを発表した。

 現在51歳のコンテ監督は2019年夏に3年契約でインテルの指揮官に就任。初年度の2019-20シーズンはセリエA2位とヨーロッパリーグ準優勝に導いた。今シーズンは11年ぶりとなるセリエA制覇を達成したが、優勝決定から約3週間でインテル退団が決まった。

 この夏の補強方針を巡ってクラブとの意見の相違があったようだ。移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、インテルは財政状況の影響で今夏に数名の選手を売却し、8000万ユーロ(約106億円)を確保する必要がある模様。だが、コンテ監督はこの方針に同意できず、契約解除に至ったようだ。なお、後任として、シモーネ・インザーギ氏やマッシミリアーノ・アッレグリ氏が候補に挙がっているという。

 クラブは公式サイトを通じて、「インテルの19回目のスクデット獲得を達成したアントニオの並々ならぬ尽力に感謝します。アントニオ・コンテは永遠にクラブの歴史の一部として残ります」とコメントした。

関連リンク

  • 5/27 2:32
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます