【川崎マイラーズ】出遅れも何のその、モジアナフレイバーが突き抜け完勝

拡大画像を見る

 26日、川崎競馬場で行われた第13回川崎マイラーズ(3歳上・重賞・ダ1600m・1着賞金1400万円)は、スタートで躓いて後方からの競馬となった真島大輔騎手騎乗の1番人気モジアナフレイバー(牡6、大井・福永敏厩舎)が、向正面で一気に進出して直線で突き抜け、2着の3番人気ワークアンドラブ(牡6、大井・荒山勝徳厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分39秒5(良)。

 さらにハナ差の3着に2番人気ファルコンビーク(牡4、川崎・内田勝義厩舎)が入った。

 勝ったモジアナフレイバーは、父バトルプラン、母ナスケンアイリス、その父フレンチデピュティという血統。重賞はこれで4勝目。

関連リンク

  • 5/26 21:16
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます