ファンタジーの世界へ飛び込もう!ファンタジー小説のおすすめ6選

拡大画像を見る

いつの世も人々を魅了してやまないファンタジーの世界。今回は、世界三大ファンタジーを交えて、おすすめのファンタジー小説をご紹介します。文字と挿絵だけなのにわくわくが止まらないファンタジーの世界を楽しみましょう!

人々を魅了するファンタジーの世界

summoning the legendary dragon

子どもの頃、ファンタジーの世界にあこがれた方も多いはず。魔法や不思議な動物、勇気あるキャラクター達に誰もが心奪われたと思います。大人になっても魅力的なファンタジーの世界は、子どもの時と変わらずに色褪せることはないまま心の中に存在し続けているものです。ファンタジーとは、ネバーランドのピーターパンのようにいつまでも、世界中の人の心を魅了し続けている作品です。

世界三大文学その1.「ナルニア国物語」

この商品の販売サイトをチェック

ナルニア国物語

出典:amazon.co.jp

詳しく見る

C・S・ルイス/岩波書店/全7巻/完結

◯あらすじ

創造主でアスランというライオンが生みだした世界「ナルニア」。
20世紀のイギリスに住む少年少女たちがアスランの導きで現実世界とナルニアを行き来しながら、「悪」と戦い、成長しながら冒険を繰り広げるお話です。

◯おすすめポイント

世界三大文学の1つに数えられるだけあって、壮大なスケールの物語が魅力な作品です。
ファンタジーの世界だからこそ許される多様な姿をした魅力あふれるキャラクターたちは、読者の心を掴んで離しません。
幼い子ども達が、人々を苦しめる悪と戦いながら徐々に逞しく強くなっていく勇敢な姿は、今なお多くのファンの心をつかんで離さないほど、読者の心を引き付けて止みません。

2005年にシリーズ第1作目「ナルニア国物語/ライオンと魔女」が公開

ハリウッドが制作した「ナルニア国シリーズ」の記念すべき第1作品目が、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」。「ライオンと魔女」は、全7巻からなる「ナルニア国物語」の中ではは2巻目、時系列的には一番最初の作品となります。CGで描かれた魅力あふれるキャラクターたちに、壮大な世界観が見事に演出されています。

世界三大文学その2.「指輪物語」

この商品の販売サイトをチェック

指輪物語

出典:amazon.co.jp

詳しく見る

J・R・R・トールキン/評論社/全3巻/完結

◯あらすじ

かつて中つ国を統べた闇の冥王・サウロン。
サウロンが持っていた全てを支配出来る「一つの指輪」は、巡り巡って1人のホビットが手にすることになる。
指輪を手にしてしまったホビットの青年・フロドは、ホビットの仲間達とともに指輪を破壊する旅に出る。
サウロンが差し向ける恐ろしい追手から逃れながらも、フロドは旅の仲間を増やし、やがて旅の仲間は9人に。
フロドは、多くの困難が待ち受ける道を進み、指輪を破壊するために冒険の旅を続けるのだった。

◯おすすめポイント

たった1つの指輪をめぐる壮大な冒険物語。
人間、エルフ、ドワーフ、ホビット、オーク、トロル達の国家間の戦争やファンタジーの種族も好きな人にはたまらない世界観です。
映画化も相まって、世界中に広く周知されたこのシリーズは20世紀の文学で最も売れた作品の1つ。
壮大すぎるその物語は、一生に一度は読むべきものだと思います。

2001年にシリーズ第1作目「ロード・オブ・ザ・リング」が公開

イライジャ・ウッド主演で制作された「ロード・オブ・ザ・リングシリーズ」の第1作目は、2001年公開。
壮大な物語の始まりに人気を博し、2007年には、アメリカ映画ベスト100では、21世紀に制作・公開された映画の中で唯一50位にランクインしました。

世界三大文学その3.「ゲド戦記」

この商品の販売サイトをチェック

ゲド戦記

出典:amazon.co.jp

詳しく見る

アーシュラ・K・ル=グウェン/岩波書店/全6巻/完結

◯あらすじ

魔法が存在するも均衡が傾きつつある世界。
「真の名」を知られる事は支配される事と直結するこの世界に住む若者・ハイタカは、若い頃から優れた才能の持ち主だった。
偉大な師の元で修行を受けたハイタカだったが、その自惚れからか禁じられた術を行使。
結果、自身の心に潜む「影」に怯えるようになってしまう。
やがてハイタカは自身との「影」と戦い、旅に出るのだった。

◯おすすめポイント

「真の名」が存在する今作の魔法の世界は、ドラゴンも登場。
自分の過去の経験から放たれるハイタカの名言にも注目です。
ジブリの「ゲド戦記」とは、物語もストーリーも様々な箇所に相違がある本作ですが、実際はもっと奥が深く「生と死」についても考えさせられる展開になっています。
世界三大文学に数えられるだけあって、とても壮大なストーリーは、今もなおファンを魅了してやまない魅力があります。

2006年にスタジオジブリ制作、宮崎吾朗監督の長編アニメーション映画「ゲド戦記」が公開

ル=グウェンの「ゲド戦記」を原作にして製作された映画「ゲド戦記」。
宮崎吾朗の初監督作品として、注目を浴びました。
タイトルとストーリーの一部は「ゲド戦記」ですが、基本に宮崎駿監督の著書「シュナの旅」に、加筆や本来の設定の変更を施した展開になっています。

魔法の世界へ!「ハリー・ポッター」

この商品の販売サイトをチェック

ハリー・ポッターと賢者の石

出典:amazon.co.jp

詳しく見る

J・K・ローリング/Pottermore Publishing/全7巻/完結

◯あらすじ

赤ちゃんの頃に従兄弟の家であるダーズリー家の前に置かれたハリーポッター。
親戚一家全員からひどい扱いを受けるハリーの元に手紙が届く。
「ホグワーツ」という場所からのその手紙は、新しく届いてもハリーが読む前に叔父によって、全て捨てられてしまうのだった。
しかし、11歳の誕生日を迎えたハリーは、突如やって来たハグリッドという男から、自分は魔法使いだと知らされる。
ホグワーツ魔法魔術学校に入学を決めたハリーは、同じく魔法使いの仲間達と出会い、魔法の世界を知る。
そして、両親が死んだ本当の理由と闇の帝王・ヴォルデモート卿との戦いに身を投じていく。

◯おすすめポイント

世界中を魅了する魔法ワールドの原点。
幼かったハリーの成長とヴォルデモート卿との対決は、一度読んだら読者の心を離さない魅力にあふれています。
1巻、2巻と進むごとに進級していくハリー達の成長と魅力溢れるホグワーツ魔法魔術学校での出来事に、思わず笑ったり手に汗握ったりする事間違いなしです。

2001年に映画第1作目「ハリー・ポッタ―と賢者の石」が公開

世界中で今尚人気が冷めやらず、新たなシリーズが出ているハリーポッター・シリーズの原点。
本の魔法やホグワーツ城が忠実に再現されているのは、感動ものです!
シリーズ累計の興行収入は、世界歴代3位。魔法ワールドのジャンルでは、間違いなく1番人気の作品です。

妖霊と若き魔術師の物語「バーティミアス」

この商品の販売サイトをチェック

バーティミアス/サマルカンドの秘宝

出典:amazon.co.jp

詳しく見る

ジョナサン・ストラウド/理論社/全3巻/完結

◯あらすじ

魔術師達が存在・支配する都市・ロンドン。
親に売られたナサニエルは、国の役員であり政府公認の魔術師であるアーサー・アンダーウッドに弟子入りさせられた。
魔術師として修行に勤しむナサニエルは、師が教えてくれる「魔術師」の義務と意義について学び、やがて偉大な魔術師になる事を夢見るようになる。
しかし、家にやって来た一流の魔術師であるラブレースに恥をかかされたナサニエルは、慣れないながらも妖霊・バーティミアスを召喚。
ラブレースに復讐をするために彼が持っていた「サマルカンドのアミュレット」を盗ませてしまう。
しかし、「サマルカンドのアミュレット」をナサニエルに盗まれた事を知ったラブレースが、何が何でも取り返そうとやって来る。
やがてそれは、大きな事件へと発展していくのだった。

◯おすすめポイント

妖霊と呼ばれる悪魔のような存在が登場します。
魔術師の中にヒエラルキーがある世界で、次第に契約関係から友人のようになるナサニエルとバーティミアスの関係に目が離せなくなります。
魔術ファンタジーの世界でも、悪魔や暗い世界観のお話が好きな方におすすめです。
かなり分厚い本なので、読み応えもばっちりですよ!

「ブレイブ・ストーリー」 宮部みゆき/角川文庫/1巻

この商品の販売サイトをチェック

ブレイブ・ストーリー

出典:amazon.co.jp

詳しく見る

宮部みゆき/角川書店/角川文庫/全1巻/完結

◯あらすじ

ゲーム好きな小学5年生の少年・亘。
平穏な生活を送っていた亘だったが、ある日突然父親が母に離婚を言い渡し家を出て行ってしまう。
その後、あまりのショックからか母はガス栓を開けて自殺未遂。
悲惨なものに変わってしまった現実を変えるために亘は、幻界(ヴィジョン)に渡り、運命を変えるべく旅に出る事を決意。
助けた魔術師によって、見習い勇者・ワタル」にしてもらった亘は、5つの宝玉を集めることで願いが叶う旅に出た先で、様々な人々や思いに出会う。
幻界の情勢を聞いた亘は、次第に変えようとしている自分の運命についても向き合うようになるのだった。

おすすめポイント

平和な毎日が突如変わってしまった少年の勇気と冒険の物語です。
ただ元の平和な生活を取り戻したいと思う亘が、旅をするうちに「運命」と向き合うようになる場面には、こちらも同時に考えてしまう深さがあります。
ファンタジーの王道中の王道である勇気・冒険・旅の最後にある感動は必見です。

2006年に長編アニメーション映画「ブレイブ ストーリー」が公開

宮部みゆき原作「ブレイブ・ストーリー」は、2006年に長編アニメーション映画で公開。
豪華な声優陣と美しい世界観と感動の物語を見事に映像化して、大ヒットしました。
原作と違い、終わり方などに少々変更が見られるものの、原作と同じく勇気と感動の物語となっています。

まとめ

世界的な王道ファンタジーから最近の作品までご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?誰しも、一度は行ってみたいと思ってしまうファンタジーの世界。本を開いて文字を追い始めれば、そこにはファンタジーの世界が広がっています。ぜひ、ファンタジー小説を楽しんでくださいね!

関連リンク

  • 5/25 22:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます